キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

その他

中学生をビンタした日野皓正を非難するヤツらが戦後日本をダメにした!!

日野皓正やるじゃないか!! 私は、断じて、中学生をビンタした日野を擁護する。 今回の事の発端はこうだ。 世界的なジャズ・トランペット奏者の日野皓正が指導している中学生バンドがコンサートを行っていた。 コンサートの後半、各自のソロパートを演奏し…

バニラ・エア事件に見る圧力団体としての障害者たち:彼らは本当に弱者なのか?

障害者は、本当に弱者なのか? 本日のテーマは、これでいきたいと思う。 本論に入る前に、皆さんに質問があります。 この世で、一番強い者、最強の人は誰でしょうか? ヘビー級のボクサー? プロレスラー? いやいや、アメリカ大統領でしょ? あるいは、ロシ…

ヒアリパニックで在来アリを殺す愚行と、毒虫との共生という我々の未来

今年の5月に日本でヒアリが見つかって以来、大変な騒ぎになっている。 環境省が大々的に調査に乗り出すと、最近では連日、ヒアリの巣が見つかったなどというニュースばかりだ。 ひょっとして、もう手遅れなんじゃないだろうか? いやな予感が頭をかすめる。 …

冷房嫌いな私が暑い夏を涼しく過ごすためのコツとおすすめ商品

関東地方は、まだ梅雨が明けていないというのに、連日の猛暑。 みなさんの住む地域は、どうですか? まあ、夏は毎年暑いわけで。それは、あらかじめ分かっているんだけれど。 でも、やっぱり、暑は、夏いよねえ。 と、軽くオヤジギャグをかましつつ、本題に…

君は、テレビ東京の「池の水ぜんぶ抜く」を見たか?

先月、すでに第三弾が放送された「池の水ぜんぶ抜く」。 テレビ東京の日曜ビッグバラエティ枠で放送されていたわけだけれど。 みなさん、見ました? ロンブーの田村淳と、ココリコの田中直樹がメインMCとして進行するバラエティ番組だ。 その内容というのが…

2017年上半期に私が読んだおすすめマンガ

昨年末にガラケーからスマホに替えて以来、電子書籍にハマっている。 スマホに替えると同時にタブレットを購入して、小説だけではなく、マンガをよく読むようにもなった。 それまではマンガなんて、時々、でもないな、たまに読む程度だったんだが、電子書籍…

アマゾンで電子書籍小説・文芸書が50%以上引きの大セール:7月2日まで

現在、アマゾンで電子書籍小説・文芸書を50%以上値引きするという大セールが行われている。 7月2日までの期間限定セールだ。 関心のある人は、お見逃しなく。 amzn.to それでは、今回、私が購入したものを以下に紹介しましょう。 悪童日記 戦火の中で彼らは…

アマゾンで講談社の電子書籍が半額セール:6月8日まで

みなさん、今、アマゾンで講談社の電子書籍が半額で売られているのだが。 知ってた? amzn.to 6月8日までの期間限定セールだから、お見逃しなく。 今回のセールでは、なんと、1万点の電子書籍が対象なんだとか。 てゆーか、さあ、そんな1万点の電子書籍の中…

アマゾンで電子書籍マンガ大セール:「漫画ゴラク」連載のマンガを50%以上の割引で

みなさんは、「漫画ゴラク」という週刊漫画雑誌を知っているだろうか? ちまたでは、オッサン漫画雑誌などと言われているのだが。しかし、これが実に面白い。 私などは、20代中ごろから、時々買って読んでいた。20代も半ばになると、年齢による好みの変化に…

電子書籍に目覚めたら、紙の本を買うのがバカバカしくなった話

みなさんは、電子書籍を利用しているだろうか? 私は、もう電子書籍以外、買わないことにした。紙の本は、金輪際、買わない。 電子書籍を読んだことがある人は分かると思うが、一度、電子書籍の便利さに慣れてしまうと、もう紙の本には戻れなくなってしまう…

「がん患者は働かなくていい」野次の真意と屋内全面禁煙の行方

自民党の大西議員が、22日、同党の厚生労働部会で、「がん患者は働かなくていい」という野次を飛ばし、大騒ぎになっている。 まあ、当然のことだろう。 「がん患者には、働く権利はないのか?」 と憤る人もいるだろうが。 しかし、そういう怒りに対して、大…

東京都が屋内全面禁煙実施の可能性、一方で自民党は屋内喫煙容認か?

屋内全面禁煙か? 屋内喫煙容認か? 自民党内では、相変わらず、バカで、不毛な争いが続いている。 5月15日、塩崎厚労相が自民党に出向き、小規模な居酒屋を除いて飲食店を全面禁煙にするという厚労省案を説明して自民党内の理解を得ようとしているのだが。 …

私がふるさと納税をやめた理由:税金を吸い込んだ黒いトンネルの疑惑

近頃、豪華な返礼品競争ばかりが注目されているふるさと納税。 一方で、終わりのない返礼品競争から撤退する自治体もあり、さらに、総務省がその激化する返礼品競争に苦言を呈するなど、なにかと話題も多い。 みなさんは、ふるさと納税を利用しているだろう…

ボールボーイへの暴力行為から考えるプロスポーツ選手の条件

4月29日のジェフユナイテッド千葉VS徳島ヴォルティスの試合で、徳島の馬渡選手がボールボーイに暴力行為を働いたということで退場となった。 その後、Jリーグは馬渡選手に対して、2試合の出場停止処分を下した。 私はサッカーに詳しくはないから、ルールなど…

品薄のポテチを高額で販売する転売屋をイジメてやろう

スーパーなどでポテトチップスが品薄だ。 一部商品については、メーカーが販売休止しているためだ。 その理由は、昨年、何度も北海道を直撃した台風のせいで、原料となるじゃがいもが入手困難となっているため。 だから、今、転売屋がポテトチップスを買い占…

ザ・ビーチ・ボーイズ「ココモ」:「じゃないメンバー」たちが制作したバンド史上最大のヒット曲

本日は、ビーチボーイズの「ココモ」を取り上げます。 ビーチボーイズのヒット曲は? と問われれば、我々アラフィフ世代が真っ先に思い浮かべるのは「ココモ」でしょう。これに関しては、異論はないと思うんだ。 しかし、私よりも10年、20年くらい上の世代、…

BS-TBS「SONG TO SOUL」:ぼくたちは、こんな音楽番組を見たかったんだ

みなさんは、音楽番組を見ているだろうか? といっても、最近は、音楽番組自体が本当に少なくなってきた。 私が10代のころは、「ザ・ベストテン」、「ザ・トップテン」、「夜のヒットスタジオ」などという人気番組があった。このうち、「ベストテン」と「ト…

「あなたの体は、あなたが食べたものからできている」という考え方

あなたの体は、あなたが食べたものからできている。 CMなどでもよく使われているし、考えてみれば当たり前なのだが、普段、意外と意識されることがない言葉でもある。 あなたは、普段の食生活に気を付けていますか? たとえば、日常的にサプリメントを摂取し…

一円もお金をかけずに、大人ニキビが治った私の場合

最近、楽天で買い物をしていて、ふと目についたのが大人ニキビ対策商品の数々。 わりと多くの大人が、ニキビで悩んでいるということだ。そういえば、私も、30歳初めぐらいまでは、よく顔にニキビができていた。 しかし、ある日、突然、ニキビができなくなっ…

切手価格大暴落:ケインズの美人投票理論から見た切手投資を考える

小学生のころ、切手を集めていた。 折からの切手ブームが、私の故郷の田舎にも押し寄せてきて、当時小学生だった私でも、お年玉や小遣いを貯めたお金で切手を収集していたものだ。 といっても、小学生が買う切手だから、たかが知れている。1枚が、せいぜい数…

ブログを2か月超続けて分かったこと:ブログは消耗が激しい

はてなブログを始めて、早いものでもう2か月が経過した。 それで、改めて、今の心境を述べよう。 もう、ヘトヘト。誰か、たすけて~。 という心境だ。 ブログを毎日継続することが、こんなにシンドイことだとは思わなかった。これまで、ほぼ毎日ブログを書き…

人に愛される人生と、人を愛する人生、どちらが幸せなのだろうか?

ふと考えてみた。 人に愛される人生と、人を愛する人生、いったい、どちらが幸せなのだろうか?と。 一般的には、なんとなく、人に愛される人生のほうが幸せだと考えられるんでしょう。 みなさんの周囲を見回してみても、同性異性を問わず、他の人からすごく…

彼女とドライブに行った時のこと:不思議な体験

もう十数年前になるだろうか。当時付き合っていた女性が結構運転好きでして。 これは、私だけの感覚なのかもしれないけれど。女性って、割と運転好きな人が多い、というか、運転がウマイ人が多いなあ、という感想を私は持っている。 ちょうど、私の愛車が事…

郵便受けにゴミを入れるな!!:ポスティングチラシを規制してくれ~い!!

郵便受けを確認すると、毎日、何かしらのチラシが入っている。不用品回収業、ピザ屋、宅配寿司屋、カー用品専門店、不動産屋、パチスロなどなど。 みなさんの家の郵便受けにも、チラシが入っていませんか? しかも、ほとんど、てゆーか、すべてゴミ。 これま…

ゆる~い部活動があってもいいんじゃないかなあ?:ゆるい部活動が教師を救うかもしれない

WBCで、侍ジャパンがアメリカに1点差で惜しくも負けて、世界一奪還の夢が破れたのは、ついこの間のことだ。 野球人気が衰え、今頃、WBCなんて見る人はいるんだろうか、と懸念されていたものだが。しかし、ふたを開けてみれば、テレビで放送されたWBCの試合の…

絵心の全くない私が、美術教育をブッた斬る!!:芸術教育に関する一考察

テレビ朝日の「アメトーーク!」で、「絵心ない芸人」を観ても笑えない私。 そう。私も絵心が全くない。 いや。一応、笑うんですよ。 でも、笑いながら見終わった後に、寂しさの風が私の周囲を吹き抜ける。 あ~~あ~、オレに絵心があれば、学校の美術の時…

たて笛(リコーダー)は間接キスをするためにあるのか?:音楽教育改革試案

小学校5年生のころだったと思う。 私を含めた悪ガキ数人が、放課後、教室に残っていた。何をしていたのかは、もう忘れてしまったが。 おそらく、悪ガキたちのことだから、ロクなことはしていなかったんでしょう。 そのうち、一人の悪ガキが何を思ったか、机…

キャバクラにハマっていた私は、半年で卒業した:自分の夢と真摯に向き合った若き日の思い出

キャバクラにハマっていた時期があった。といっても、半年ぐらいのわずかな期間だったが。 しかし、その半年間、ほぼ毎日キャバクラに通っていたのだから、我ながらよく体がもったものだと思う。 当時は、私も二十代半ばだったから元気だったのかもしれない…

私が3年で会社を辞めた理由:スタープレイヤーを育てない日本の金融機関

二十数年前に、金融機関に就職した私は、3年後に辞めた。辞めた理由はいろいろあった。 そもそも、入社式で「この会社はおかしい」と思ったこと。 関連記事:入社式で「この会社はおかしい」と思った私は3年後に転職した。その入社式の話 - キバスタ また、…

重度の花粉症だった私が、病院にも行かず、薬も飲まず、花粉症を克服した話

だんだんと、日々、春めいてきた今日この頃、皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでございましょうや? 春らしくなってきたね、桜の花はいつ咲くんだろう。楽しみだよね。 え? それどころじゃないって? そうですね。花粉症真っただ中ですな。 辛いでし…