キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

米大統領選にみる既存マスメディアの敗北とSNSの勝利

スポンサードリンク

f:id:kibashow:20170202124417j:plain

トランプ政権が誕生して、まだ1週間と経っていないが、改めて、今回の大統領選を振り返ると既存マスメディアの凋落ぶりがうかがえる。

今回の大統領選は、史上最低の候補者と史上最悪の候補者との闘いだと言われてきた。もちろん最低はヒラリーであり、最悪はトランプだ。

結果、最悪のトランプが勝利したわけだけど、この勝利に一番ガッカリしたのは、なにを隠そう既存マスメディアでしょう。

 だって、テレビも新聞もほとんどすべて反トランプで、ヒラリー支持にまわったんだよ。

しかも、トランプに対しては人格攻撃までして徹底的にこき下ろして再起不能といえるまでに悪口を言いまくった。

一方、ヒラリーが財団の金をクスねたことなど、既存マスメディアはまったく触れなかった。

ヒラリーの汚点は隠してきたわけだ。

それにもかかわらず、トランプが勝った。

全米のマスメディアを敵にまわしてもなお、大統領選に勝利したなんて、前代未聞じゃないか。

もちろん、今回の大統領選でのトランプの勝利の理由を、ヒラリーの人気がなかったからだ、と一言で片づけることはできる。

しかし、今回の大統領選は、既存マスメディアがSNSに敗北したのではないか、と私は思っている。

既存マスメディアに対して、SNSが真の力を見せつけた、いわばSNSの輝かしい勝利の象徴だとすら見ている。

 既存マスメディアの世論操作と影響力の源泉 

 

ところで、マスメディアは第四の権力と言われている。

これは、もともと、マスメディアには司法・立法・行政の三権を監視する使命があるという意味で使われ始めた言葉なのだが、いつしかその本来の意味が変貌し、マスメディア自体が権力の一つであるかの如く振る舞うようになってしまった。

世論操作である。

例えば、今回の大統領選では、本来マスコミは大統領選では中立であるべきだという不文律を破り人格攻撃までして反トランプにまわった。

一方、ヒラリーが財団の資金をクスねたことなど、マスメディアではまったく報じられることはなかった。

いわば、マスメディアが一丸となって一つの意志でも持っているかのように有権者を操ってヒラリーを大統領にしようとした。

これが世論操作である。

しかし、有権者は、マスメディアが隠し続けてきたヒラリーの財団資金不正使用疑惑なんて、ネットを通じて知っていた。

そこで、

ヒラリーは黒い。

トランプもヤベー奴だが、ヒラリーは羊の皮をかぶって良識派ぶっているだけに、トランプよりもヤバイんじゃないか?

と有権者は思ったんだろう。

結果として、既存マスメディが推していたヒラリーの落選という最悪の結果を招いてしまった。

そもそも、既存マスメディアの力の源泉とはなんだろうか?

既存マスメディアはネットワークを持っている。しかも、そのネットワークは、彼らのみが独占的に使えるネットワークである。

例えば、新聞は巨大印刷工場を有し、刷り上がった新聞を各家庭まで配送するネットワークを持ち、テレビ局は各家庭が所有するテレビに電波を送信するネットワークを持っている。

そして、このネットワークを構築するためには巨大な資本を必要とし、さらに、テレビの場合は放送免許が必要であるなど、マスメディアに新規参入するのは非常に難しい。参入障壁が高いのである。

これまで、既存マスメディアは自分たちにしか使えない独占的なネットワークで、自分たちに都合のいい情報を発信してきた。

それで、世論操作をやってきたわけだ。

マスメディアに良識があるなどと思ってはいけない。

むしろ、非常識なのがマスメディアであると思っているくらいがちょうどよい。

 SNSに手玉に取られた既存マスメディア 

 

ところが、SNSやブログなどの自分メディアが台頭してくると、この状況が一変することになった。

今では、パソコンやスマホの普及率の上昇で、誰もがネットを通じて、自分で情報を発信することができるようになったし、既存マスメディアのフィルターを通さない情報を手に入れることができるようになった。

トランプは、選挙期間中、積極的にツイッターで発言。

その発言が大きな反響を呼び、既存マスメディアも取り上げざるをえない。

さらに、そのマスメディアの取り上げ方にトランプがツイッター上で反論して、いい意味でも悪い意味でもトランプの主張は拡散していった。

いわば、既存マスメディアは、トランプのツイッターに手玉に取られたわけだ。

それで、今回は、既存マスメディアが世論操作をしてヒラリーを勝たせようとしても、世論がマスコミの思うとおりに動いてくれなかったということなんでしょう。

だから、今回の大統領選は、SNSが既存マスメディアに輝かしい勝利をおさめた歴史的瞬間、歴史的大事件だと、私は思っている。