キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

「マギーの不倫はスルー、袴田の不倫はバッシング」:有力事務所の圧力に屈するテレビ局

そういえば、日曜日の「ワイドナショー」でダウンタウンの松本が、モデルのマギーのことを話題にしていたよね。

マギーになにがあったんだ?

気になったから、ネットで調べてみた。

 やっぱり。マギー、不倫してたのか。

 

ネットによれば、マギーの所属事務所が強力なため、テレビは一切不倫については触れないんだとか。

テレビのワイドショーなんかでは袴田吉彦のことはバッシングしておきながら、マギーのことは完全にスルー。

これじゃ、不公平だ。

 

でも、だからといって、マギーもいっしょにバッシングしろと言ってるんじゃない。

そもそも、不倫なんて当人どうしの問題なんだから、周りがとやかく言う問題じゃないと思っている。

「ゲスの極み乙女。」の川谷とベッキーの時なんかでも、あれほどバッシングする必要があったのか?と思う。

「五体不満足」の著者・乙武へのバッシングもひどかったよね。

 

ただ、育休ゲス不倫議員についてはバッシングされても当然だと思う。

何千万円も国民の税金から歳費をもらっておきながら堂々と育休取得宣言をし、さらに妻の妊娠中に不倫をするなんて、やっていることがあまりにもゲスい。

鬼畜すぎる。

どうせ、育休宣言にしても、育休をとって女遊びしたかったんだろ?と勘繰りたくなる。

このような議員は、バッシングされて当然でしょう。

 

参院選出馬を計画していた乙武が狙われたのは仕方がないというのはあるが、ベッキーと川谷なんて、あそこまでやる必要があったのか?

見ていて、気の毒になったよ。

だから、マギーの不倫もバッシングなんてせずに、通常通り伝えればよかったんだ。

袴田をバッシングしつつ、マギーをスルーするからネットで叩かれるんだ。

 

 有力芸能事務所の圧力に屈するテレビ局 

 

有力芸能事務所がテレビ局に圧力をかけた結果、これまで我々はおかしな報道を何度も目にしてきた。

例えば、島田紳助が暴行で逮捕されたとき、テレビは、島田紳助司会者という不思議な呼び名を使っていた。

司会者ってなに?なんで、容疑者じゃないんだ?

それから、SMAPの稲垣吾郎が逮捕された時も、稲垣吾郎メンバーと呼んでいた。

はあ?メンバーって、なんだよ。苦し紛れの敬称か?

我々一般人が逮捕されたら、容疑者と呼ばれるのにもかかわらず、である。

 

こんな分かりやすい差別があるだろうか?

テレビが有力芸能事務所に圧力をかけられたことがあまりにも明白だ。

ひょっとして、これは、テレビが我々視聴者に発していた苦渋のメッセージだったのではないかとすら疑ったりする。

まるで、

「分かりますよね?芸能事務所からいろいろ言われて、我々テレビも苦しいんです。察してください。」

と視聴者に訴えかけているかのようだ。

しかし、さすがに、この異常な差別的状態にはテレビ局にも抗議が殺到したらしく、SMAPの草彅が逮捕された時には容疑者と呼んでいたけどね。

 

これらの例もあるんだから、今回のマギーの不倫スルーは、強力な事務所がテレビ局に圧力をかけたと言われてもしかたがない。

一方、強力な事務所をもたないベッキーや川谷、あるいは、何のバックもない乙武はバッシングされ放題。

これって、テレビ局によるイジメだよね。

ほら、昔、学校でこんな嫌なヤツいなかった?

強い方にベッタリくっついて、いっしょに弱いものイジメしていたヤツ。

今のテレビがやっていることって、まさに、このイジメそのものじゃないか、と思うんだ。

学校や職場でイジメが問題になっている昨今、テレビ局は、どのツラ下げてイジメを報道するんだろうね。