キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

ビットコイン投資番外編:ブロックチェーンとプルーフ・オブ・ワークについて

スポンサードリンク

ブロックチェーンとプルーフ・オブ・ワーク

ビットコイン投資には、あまり関係はないかもしれないけれど、このブロックチェーンという技術と、プルーフ・オブ・ワークという仕組みは知っておいて損はないだろうから一応説明しておこう。

ブロックチェーンというのは、ビットコインの中核技術だ。

まず、その説明から。

 

ビットコインの中核技術であるブロックチェーンとは?

 

 以前から説明しているように、ビットコインには中央管理者がいない。

だから、その取引データがどこかのサーバーに一括して保管されているわけではないのだ。

 また、ビットコインそのものは、ネット上でやり取りされている単なるデジタル情報にすぎないし、当然実物のコインとして存在するものではない。

つまり、ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれるネットワークの中でだけ存在しているに過ぎないのだ。

このブロックチェーンは、大規模なP2Pネットワーク(中央のサーバーを経由することなく、個々の参加者が直接的に情報のやり取りをするネットワークのこと)に支えられている。

例えば、全ての取引を記録した帳簿が、世界規模で個人個人のパソコンの中に分散して保存されているのを想像してもらえば分かりやすいだろう。

関連記事

ビットコイン投資入門:ビットコインはデジタルの金(ゴールド)だと考えよう - キバスタ

ビットコイン投資で注意するポイントと価格決定要因 - キバスタ

ビットコイン投資のメリットとデメリット、短期投資としてのおすすめの理由 - キバスタ

 

【スポンサードリンク】
 

 

ブロックチェーンの名前の由来

 

まず、ビットコインのデータはブロック単位で記録される。

ビットコインの場合は、一定時間に行われた取引データを一つのかたまり(ブロック)にしている。

そのブロックは約10分に1個作られており、その新しく作られたブロックは、過去に作られたブロックの後ろに追加されていく。

これが、ブロックチェーンの名前の由来だ。

 

ブロックチェーンの特徴は? 

  • 分散していること

 ブロックチェーンの特徴として、まず挙げられること。

それは、分散しているということだ

ブロックチェーンの場合、中央のサーバーや、中心となるネットワークがないのでハッカーなどの外部攻撃に強いのだ。

どういうことかというと、ブロックチェーンは世界中のP2P参加者のPCで動いているので、数台のコンピューターがダメになっても、その世界規模のネットワーク全体が影響を受けることはない。

  • オープンでパブリックであること

ブロックチェーンは、ネットワーク上にあるため、誰もが、いつでも好きな時に自由に見られるし、データの正しさを検証できる。

誰かが、中央で秘密に管理しているわけではない。

  • 高度なセキュリティ

ブロックチェーンには暗号技術を利用した高度なセキュリティが備わっている。

それは、公開鍵と秘密鍵という2種類の鍵を利用しているため、確実に資産を守ることができるのだ。

また、個人情報が取引データと直接結びつかず、匿名で取引できるため個人情報が流出する懸念もないという利点もある。

  • 不正が不可能な仕組み

ブロックチェーンでは約10分に1個のブロックが作られる。

新しいブロックには、それまでに記録された全取引が含まれているため、少しでも矛盾や不正があれば、正当なブロックと認められず、破棄されてしまう。

だから、一つのブロックを改ざんしようとすれば、前の記録との整合性が取れない。

それゆえ、不正をするものは、参加者全員が見ている前で改ざんしたブロック以降の全ブロックを書き換えなければいけないため、不正が事実上不可能なのだ。

この不正が不可能な仕組みをプルーフ・オブ・ワークで作り出している。

次に、プルーフ・オブ・ワークの仕組みを詳しく見ていこう。

 

【スポンサードリンク】
 

 

不正が不可能なプルーフ・オブ・ワークという仕組み

 

まず、ブロックチェーンでは、マイナーと呼ばれるネットワーク参加者が、ネットワーク上の未処理の取引データを集めて新しいブロックを作り出す。

そして、ブロックチェーンにその新たなブロックを追加する。

ただし、ブロックを作るためには難易度の高い計算をしなければいけない。この計算の答えを見つけるのに約10分必要なのだ。

例えば、もし、誰かが不正をして過去のブロックの一つを書き換えたとしよう。

そうすると、そのブロックの計算結果が変わる。

ということは、書き換えたブロックは、その後のすべてのブロックとは整合性が取れなくなる。

だから、不正をした者は、もう一度、自分が書き換えた以降のブロックの計算を全てやり直すことになる。

全てだよ。全て。

しかし、それをやっているうちにも、新しいブロックが他のマイナーたちによってどんどん追加されていく。

そのため、不正をするものは、常に他の参加者を追い越して計算し続けなければいけないので、事実上不正ができないということだ。

まあ、ビットコインを投資する人が、こんなことまで知る必要はないのかもしれないけれど、一応、書いておいた。

というのは、このブロックチェーンという技術と、プルーフ・オブ・ワークという仕組みは、ノーベル賞級の発明であることは間違いないし、これによって今後の世界が激変する可能性があるためだ。

ビットコインに興味がある人は、ビットフライヤー まで。