キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

天皇制を廃止して浮いた予算を国民の貧困対策にまわせば?

宮内庁の予算が年間約200億円。

皇室と宮内庁の職員の人件費などに使われるお金。

これは、毎年かかる予算だ。

天皇制さえ廃止すれば、この毎年200億円もかかる無駄な出費を貧困対策などにまわすことができる。

そもそも、天皇が、今の日本に必要なのか?という問題がある。

関連記事:そろそろ天皇制を廃止しないか? - キバスタ

また、過去には、無能な人間が天皇になったせいで、満州事変から太平洋戦争終結まで15年にもわたって日本は泥沼の戦争に引きずり込まれることになった

明治憲法で天皇には陸海軍の統帥権が規定されていたわけだから、この間に天皇の一存で戦争をやめることができたはずなのに、無能な天皇は、終戦の決断を先延ばしにした。

結局、15年間もの長きにわたって、日本国民の生命と財産が大損害を受けたわけだ。

一人の無能な人間が天皇になったせいで

しかも、この無能な天皇は、終戦時にも自らの戦争責任を取ることはなかった。

関連記事:無能な天皇が国を滅ぼした:天皇制の世襲の問題点 - キバスタ

通常、戦争に負けた国の元首は、オーストリアとかプロシアのように、退位して亡命するか、政府によって追放されるのだが。

この無能な天皇は、その後死ぬまでずっと天皇の位に居座り続けた。

まるで、自分には何の責任もなかったかのように

なんたる厚顔無恥な天皇なんだ?

こんなもんを国家元首として、いまだに尊敬しなければいけないのかと思うとアホらしい。バカバカしいんだよ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

日本国民の4割が年収300万円以下

 

関連記事にも書いたように、2015年の国税庁の調査結果によれば、現在、日本では年収300万円以下の人の割合が、約4割にも上っている。

この数字は、税引き前の数字だから、税金と社会保険料を引くと、なんと手取りは250万円にしかならない。

一方、天皇及び各宮家の2016年の手取り収入は、総額で5億数千万円。

内訳は以下の通り。

天皇家の収入が3億2,400万円。

秋篠宮家は6,710万円。

常陸宮家は4,575万円。

三笠宮家は7,381万円。

高円宮家は4,331万円。

約4割もの国民が年収300万円以下という低所得状態に置かれながら、天皇一家は、その国民がおさめる税金で優雅に暮らしている。

現代の日本で、こんな理不尽な格差が存在していいのだろうか?

もし、天皇が一生懸命働き、儲けた金で優雅に暮らすのであれば、私は何も文句は言わない。

自身の努力と才覚で得た収入で、どんな贅沢な暮らしをしようが、他人が口をはさむことではないからだ。

問題は、天皇が大した労働もしないで、国民から搾り取った税金で優雅に暮らしているということだ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

天皇制を廃止して貧困対策の財源に

 

天皇の仕事は、公務と呼ばれているが、あんなもん誰でもできる。

専用の乗り物で現地に到着して、官僚が用意した作文を読むだけ。

あとは、行事の観覧。

被災地を訪問しても、被災者に声をかけて回るだけ。

炊き出しを手伝うわけでもなく、ガレキの1個すら片づけない。

こんな楽な仕事しかしないのに、年間数千万円から3億円以上の収入が得られるのであれば、我々だって、天皇になりたいさ。

そもそも、天皇の存在は、日本国憲法の平等原則に反するわけだ。

国民はみんな平等なんだ。

天皇制などというバカげた、時代錯誤の封建時代の遺物なんて、さっさと廃止して浮いた予算で貧困対策や失業対策などを拡充すればいい。

天皇一家には、当然、待機児童問題もないし、介護問題もないし、失業問題も、住宅ローン問題もない。

例えば、待機児童を抱えて、働きたくても働きに行けないお母さんたちは、国民の税金で優雅に暮らしている天皇を見てなにも思わないのだろうか?

まさか、ウチの子は保育園に行けなくてもいいから、天皇陛下は贅沢をしてください、などと思うんだろうか?

まさか、そんなドMな人はいないよね。

年収が300万円以下の国民、待機児童を抱えて困っている父兄、介護問題、失業問題などで苦しんでいる人たちが、一斉に声を上げて行動すれば、世の中が変わると思う。

天皇などと言うバカバカしいものに貴重な税金を使わず、自分たちのように困っている人たちに使ってくれと、なぜ、声を上げないのか? 行動しないのか?

金持ちに嫉妬せよと言うのではない。

大した労働もせずに、優雅に生活している、まるで裕福な生活保護世帯のような天皇家に、自活を求めるだけだ。

天皇家よ、いい加減、国民に寄生するんじゃなくて、自分で汗水たらして働け、と。

天皇の生前退位が話題になるこの頃、もう一度、日本に天皇が本当に必要かどうかよく考えたらどうだろうか。