キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

家と女(男)は新しい方がいい:家と家族の未来予想図

スポンサードリンク

 

今後、家も家族も流動化する。

私は、そう思いますね。

だって、考えてごらん?

持ち家を購入するときも、結婚するときも、何十年という長きにわたっての契約の決断を迫られる。

しかも、たいていが20代や30代の、あまり世間のことが分かっていないときに決断を迫られる。

持ち家の購入も、結婚も、長期間にわたる契約である。

しかし、こんなに先が見通せない現代で、長期の展望など持てるはずもない。

誤解を招くような言い方をしたが、長期的な展望をもつな、ということではない。

要は、長期的な展望を持ちつつ、さまざまな局面で現れるリスクに、どう対処するかということが問題なのだと思う。

微調整でなんとかなる問題ならば、継続すればいいし、どうにもならない問題が生じれば、その時には断固とした決断をすべきだ。

なぜなら、人生は長い。

苦しい思いをして、この先も生きていく必要なんてないさ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

家も人生も損切が大事

 

35年の住宅ローンで数千万円の借金をしている人は、頭がオカシイんじゃないだろうか?

すべてにおいて言えることだが、モノの値段は、基本的に需要と供給の関係で決まる。

日本の人口は減少する、しかも生産年齢人口が大幅に減少していくと予想されているんだから、今後、不動産の価格は上がるはずがない。

数千万円の資金を投じて、35年後、半値以下の資産価値しかない不動産を所有するなんてバカげている。

幸いにも、今はまだ、都市部の不動産の値崩れは始まっていない。

投資の鉄則は、みなが買うときに売れ、みなが売るときに買え、だ。

今は、不動産を買う時ではない、逆に売る時だ、と私などは思うけれどなあ。

住宅ローン支払いが苦しい人は、無理をする必要はないさ。

早いとこ、売ってしまえばどうだろうか、まだ不動産市場が健全なうちにね。

損切をするんですよ、損切をね。

住むところなんて、賃貸で十分。

何十年も無理して過大な住宅ローンを抱えて、生活の質を大幅に落とすよりは、賃貸で安い家賃を払いながら、快適に過ごすほうがいいんではないだろうか?

子供が生まれて手狭になれば、大きめの家に引っ越し、子供が独立して夫婦だけになれば、インフラの整った都市部の小さなマンションに移り住む。

賃貸だと、ライフスタイルに合わせて自由に住み替えが可能なのだ。

また、地震や気候変動などの災害リスクにも、賃貸だと機動的に対応できるしね。

持ち家は、そういう意味でも、これからは敬遠されるんだろうね。

 

【スポンサードリンク】
 

 

ますます多くなるお一人様

 

最近は、そもそも結婚する人が減少している。

結婚せず、一生独身で通す予定の人が増加している。

一方で、離婚率は相変わらず高く、近年、熟年離婚などというものも増えている。

子供がいるとなかなか離婚には踏み切れない事情はあるものの、それでもシングルファーザー・マザーの人生を選択する人は多い。

自分の人生なんだから、自分で生きなければ意味がない。

今後、そもそも結婚しないお一人様の人生を選択する人はますます増加するだろう。

また、結婚後子連れ離婚をした人でも、子供が成長して自分の元を離れて行ってしまうと、いずれはお一人様になる。

そうすると、気のあった男女が一緒に住むという疑似家族が一般化する日が来るかもしれない。

今は、シェアハウスといえば、若い人たちがたくさん住んでいるイメージのほうが強い。

しかし、今後、バツあり子持ち母親・父親たちが一緒に暮らして、共同で子育てをするようなシェアハウスも登場してくるだろう。

さらに、配偶者と離婚したり、死別したりした老人たちのシェアハウスというものも登場するかもしれない。

これは、今はまだ若いお一人様世代も、そのうち年をとって高齢者になるんだから、いずれ一般的になるんじゃないかと、私は思っている。

老人ホームに入るほどではないが、だれかと一緒にいないと不安だという老人は、仲間を募って一軒家でも借りて共同生活するというスタイルもありだろうね。

一人暮らしで、万が一、倒れても誰も気づいてくれないという不安も解消されるし。

 

【スポンサードリンク】
 

 

流動化する家と家族の未来予想図

 

これまで見てきたように、これからは家と家族に対する見方が大幅に変化するだろう。

一言でいえば、

家も家族も流動化する、

ということだ。

家に関しては、「持ち家主義」から「賃貸主義」へと移行するだろう。

これは、先の読めない経済状況の中で、過大な債務を抱えるリスクを考えると当然のことだ。

また、賃貸の方が、ライフスタイルに合わせた住宅の適正規模というニーズにもあう。

子供が独立したあと、夫婦二人で5LDKなどというバカでかい家に住む必要はない。

さらに、災害リスクにも賃貸の方が機動的に対応できる。

だから、今後は、いつかは「持ち家」という人たちは減少し、一生を賃貸で暮らすという人たちが増えてくるだろう。

一方、家族のありかたも変わる。

結婚という形態に縛られず、気の合った人とパートナー感覚で同棲を始める。

合わなくなれば、同棲を解消する。

シェアハウスという共同住宅で大勢の仲間と暮らしながら、パートナーを見つけるのもいいだろう。

でも、見つけられなくても心配することはないさ。

同じような人はたくさんいる。

バツあり子供連れの母親・父親たちが暮らすシェアハウスも登場するだろうし。

お一人様の老人たちが、郊外の一軒家を借りて一緒に暮らすシェアハウスも登場するだろう。

これからは、一つの家族や家などに縛られない、自由な形態の仲間感覚で、ライフスタイルに合わせた住み替えが簡単にできる世の中になるのではないか、と私などは思うのだ。