キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

「AVにモザイクなんていらない」:わいせつ動画規制の問題点と矛盾点

スポンサードリンク

AV女優とAV芸能事務所の代表が、無修正動画を撮っていたとして逮捕された(異例 無修正わいせつ動画巡り、AV女優や男優逮捕 - 社会 : 日刊スポーツ)。

しかも、今回は、AV女優と男優まで逮捕されるという異例の事件。

取り締まりの行き過ぎじゃないか?

と思うものの。

このニュースを聞いたとき、「またか」と思った。

バカバカしい話だと思った。

そういえば、江戸時代に有名な浮世絵師が、卑猥な絵を描いたとして罰せられたことがあるが、現代日本では、いまだにこんな時代錯誤の規制がまかり通っていることが信じられない。

現在、日本では無修正動画が、わいせつ物頒布規制の対象となっているのは周知の事実だ。

しかし、いつまで、こんなバカな規制を続けているんだろう。

そもそも、AVというものは、成人がプライベートな空間で鑑賞するもんでしょ?

そんなものにまで、国家が「無修正動画は禁止です」と言って、介入するのがオカシイんだ。

つまり、国家権力が成人のプライベートな空間にまで入り込んでくるというのは、行き過ぎだと思わないか?

要するにだ。

見てもいい人に対しては、規制は必要ない。

見てはいけない人に対しての規制こそが、必要なのだ。

それを、すべて一緒にして全面的に規制し、AVの男女性器にモザイクをかけるというのがオカシイのだ。

これでは、見てもいい人の「権利」を侵害していることにならないだろうか

成人がプライベートな空間で鑑賞するのであるから、AVの男女性器にモザイクなんてかけなくていいと、私は思う。

 

【スポンサードリンク】
 

 

表現の自由に抵触する刑法175条

 

わいせつ物規制は、刑法175条に規定されている。

この条文は、明治時代に作られたものであり、すでに時代に合わなくなっているにもかかわらず、その後も廃止されないままで残されている時代錯誤な条文なのだ。

そもそも、刑法175条で規定されているわいせつ物規制は、日本国憲法で規定されている「表現の自由」に抵触するではないか。

当然、上位法である日本国憲法は、刑法よりも優先されるはずである。

だから、本来、刑法175条は廃止されるべきものなのだ。

世の中には、表現の自由の名のもとに、様々な過激描写があふれている。

例えば、過激な戦争映画や暴力シーン満載の映画などが普通の映画館で上映されている。

もちろん、これらはR指定になるわけだが、その残虐シーンなどはモザイクなしで見られるわけだ。

映画館という多数の人間が集まる場所で見る映画の残虐シーンがモザイクなしで上映され、成人がプライベートな空間で見るAVの男女性器にモザイクをかけるというのは、明らかにオカシクないか?

 

司法当局の取り締まりの乱用を許す「わいせつ」の問題点

 

また、「わいせつ」の定義も問題なのだ。

現在、法的に「わいせつ」と解釈されている要件とは、

  1. 徒に性欲を刺激・興奮させること
  2. 普通人の正常な性的羞恥心を害すること
  3. 善良な性的道義観念に反すること

上記の三要件である。

上記三用件を満たすものが「わいせつ物」として規制されるわけだが。

しかし、作品が「わいせつ」であるかどうかという問題は、最終的には裁判官の判断に委ねられている。

つまりは、裁判官や、検事・警察などが恣意的に解釈することができ、取り締まりの乱用の問題を残す。

今回、AV女優や男優までもが逮捕されたが、これは極めて異例なことである。

わいせつ物頒布を助長したということで逮捕されたようだが、そもそも「わいせつ」の定義自体に拡大解釈を許す余地が存在するため、司法当局の都合のいいように取り締まりができるという問題が、今回の事件で明らかとなったのだ。

そもそも、「わいせつ物」が規制されるのは、徒に性欲を刺激・興奮させ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するためだとされている。

これによって、犯罪を誘発することで、社会に悪影響を及ぼすということで規制されているわけだが。

しかし、先ほども書いたように、過激な戦争映画や残虐な殺戮シーンを撮影した犯罪映画は、表現の自由の名の下で、映画館に行けば誰でも見られる現状である。

これらの残虐な映画は、しばしば、犯罪の誘発につながるとして批判の的になっているが、R指定で年齢制限こそあるものの、基本的には、誰でもが見られるものだ。

このような残虐映像こそ、社会に悪影響を与えるものだと、私は思うのだが。

現状は、これらの残虐映画は野放し状態になっているのだ。

その一方で、成人がプライベートな空間で鑑賞するAVにモザイクがかけられ、規制の対象となっているのは、まったく納得がいかない。

しかも、AVのジャンルには、レイプもの、覗きもの、痴漢ものなどがある。

レイプも、覗きも、痴漢も、すべて犯罪である。

しかし、犯罪であるはずのレイプ、覗き、痴漢を題材にしたAVは、それ自体の流通に規制がかけられていない。

 

【スポンサードリンク】
 

 

規制ってなんのためにあるんだろう

 

犯罪を題材にしたAVの流通はOKだけど、男女性器は規制対象となっているのは、おかしくないか?

そもそも、規制は、社会に悪影響を与える恐れがあるから、規制するわけでしょう?

それならば、犯罪を題材にした作品こそ、規制の対象とすべきなのでは?

なぜなら、これらの作品は犯罪を誘発する可能性が高いからだ。

しかし、現状は、これらの作品の流通は規制されず、男女性器だけ規制されている。

一体、なんのための規制なのか、意味が分からない。

 

欧米基準を導入せよ

 

「わいせつ」の判断を裁判官や司法当局に任せると、拡大解釈して、今回のように、AV女優や男優までが逮捕されるということになる。

このままでは、国家権力が、恣意的に表現の自由に介入できることが、今後も続く。

だったら、いっそのこと、欧米基準を導入すればいいんだ。

つまり、男女性器にモザイクなんてかけない。

全部見せてしまうのだ。

一方で、ポルノやヌードへの未成年者のアクセスは厳しく制限する。

例えば、日本では、小中学生でも裸を見ることが簡単にできる。

少年漫画雑誌に普通に裸の漫画が掲載されているし、週刊誌や写真週刊誌にも普通にヌードが掲載されていて、小中学生でも簡単に入手できてしまう。

こんなことは、アメリカでは、絶対にない。

例えば、アメリカでは、ヌードが掲載されている週刊誌(プレイボーイ)などは、袋に入れられて販売されており、購入時に年齢確認が行われている。

だから、アメリカの未成年者がヌード写真を入手するのは、日本とは比較にならないくらい困難なのだ。

また、未成年者がもつスマホやパソコンには、親が責任をもって、あらかじめフィルターを導入しておく。

未成年のポルノ対策は、親の責任なのだ。

このように、アメリカをはじめとする欧米諸国では、成人の権利を侵害することなく、ポルノへの未成年者のアクセスを厳格に禁止している。

しかし、日本は、まったく逆の状態だ。

すなわち、本来、見てもいいはずの成人が規制を受けている。

その一方、本来は、ヌードやポルノの入手が禁じられているはずの未成年者が、簡単にヌードを入手できてしまう。

この日本のバカバカしい現状を見ていると、

規制は、一体、誰のために存在しているのか?

と思ってしまう。

未成年にこそ、規制が必要なんでしょ?

違うかい?

 

【スポンサードリンク】
 

 

性の問題を避けようとする日本の根深い問題

 

日本では、このような性の問題は、通常、表立って議論されない。

なぜなら、性の問題を隠すことが、美徳だとされているからだ。

こんなことを真面目に議論していても、必ず、

「オマエ、ただ単に、アソコを見たいだけなんだろ?」

とか

「単なるエロオヤジじゃないか」

などと言われるのがオチだ。

だから、一般の教養人は、性の問題を避けて通ろうとする。

最高裁判所が、刑法175条は日本国憲法の表現の自由に抵触しない、という立場をとっているが、それは、裁判官などという教養ある人たちは、こんな問題に首を突っ込みたくないのだ。

もし、AVのモザイクは表現の自由に反する、などという判決でも出せば、たちまち「エロ裁判官」などといったレッテルを貼られてしまうからだ。

だから、日本の司法の場では、「わいせつ物」論議は、明治時代にできた法律をそのまま無理やりあてはめただけの判決になってしまう。

憲法の番人であるはずの最高裁判所でさえ、「わいせつ」論議では、思考停止してしまうのだ。

教養人であるがゆえに、「エロ裁判官」の汚名を着せられることに耐えられないんだろうね。

 

国民の権利の問題

 

しかし、AVのモザイクは、実は、国民の権利の問題なのだ。

表現の自由が憲法で規定されているのだから、AVにモザイクをかけることがおかしいのだ。

しかも、表現の自由の名の下で、過激で残虐な映像が、普通に映画館で上映されている現状。

成人がプライベートな空間で鑑賞するAVにモザイクをかける必要などない。

社会に対する悪影響に関しては、それは、映像に影響を受けて犯罪を犯すアンポンタンが悪いのであって、そのようなアンポンタンは厳しく罰すればよい。

男女性器が社会に悪影響を与える度合いは、レイプもの、覗きもの、痴漢ものなどの犯罪系AVの比ではないと思う。

しかし、これらの犯罪系AVは普通に規制を加えられることなく流通し、一方、男女性器は、モザイクで規制をかけられている。

おかしなことだと思う。

日本国民は、性の問題だといって、この問題を避けてはいけない。

これは、我々国民の権利の問題なのだ。

表現の自由の問題なのだ。

このまま、国家権力が、プライベートな空間にまで踏み込んで、禁圧する状態をいつまでも許していてはいけない。

我々は、今、モザイクの向こうにある自由をつかみ取らなければいけないんだ。

 

おすすめ記事

「ファミコンの転売は合法、チケットの転売は違法」:ダフ屋禁止条例の意味不明 - キバスタ