キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

使ってみて分かった。これからLINEモバイルの時代がやってくる。

スポンサードリンク

最近、ガラケーからスマホに乗り換えた。

関連記事:まだガラケーを使っている人たちよ、格安スマホに乗り換えよう。さらば携帯キャリア - キバスタ

それで、その乗り換えた格安スマホがLINEモバイル

最後まで、楽天モバイルと迷ったんだが。

でも、楽天モバイルは、楽天市場との相乗効果があまりないような気がして。

つまり、楽天モバイルに加入するメリットとしては、楽天ポイントがたまるくらいかな。

例えば、楽天モバイル専用のセールがあるとか、楽天モバイルを通して買えば商品が割引になるとか、そういった楽天モバイル独自の利点が、現段階では、ないのである。

まあ、楽天ポイントがたまれば買い物や携帯利用料の支払いにも使えるんだから、メリットといえばメリットなんだが。

でも、それだけでしょ。

動画の視聴や、主要SNSの使用、友人知人との連絡などに関しては、これまでと同様、通信容量を気にしながら使わなければいけないわけで。

「それならば、いっそのことLINEモバイルしてしまえ」

と思ったわけさ。

通信手段としてよく使われているLINEが使い放題。

これは、大きい。

しかも、LINEの無料通話やビデオ通話も、いくら使おうがデータ容量を気にしなくてもいい。

ただ、LINEモバイルには携帯キャリアの家族割などというプランはない。

しかし、そもそもLINEユーザーに家族割が必要なのか、という問題もある。

もともと、LINEユーザーならば、家族ですでにLINEを使っているだろうし、無料通話も使っていると思う。

これらが通信容量を気にしないで使い放題なのだから、LINEモバイルの場合、家族割など必要ないのだ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

通信容量を気にしないで使えるというのは、特にLINEのヘビーユーザーにとっては有難いだろうと思う。

しかも、Facebook、ツイッター、インスタも使い放題で、私の場合、月々2,000円くらいで済むんだから安い。

私のように、LINEやツイッターをちょこっとやるくらいで、これまでのガラケーと変わらないくらいの料金でスマホが持てるんだからお得なのだ。

だから、まだガラケーを使っている人はLINEモバイルに乗り換えると、ガラケーの利用料金と変わらないくらいでスマホが利用できる。

また、携帯キャリアと契約しているスマホのライトユーザーは、LINEモバイルに乗り換えると、月額料金が大幅に安くなる。

ただ、格安スマホの注意事項として、混み合う時間帯は通信速度が遅くなると言われていたんだが、私の場合、それは感じなかった。

混み合う時間帯というのは昼の12時台だと思うが、動画も普通に見られたし、なんの不都合もなかった。

さらに、最近、LINEモバイルには、LINEミュージック付きのプランも登場した。

 

これは、2,500万曲が聞き放題のLINEミュージックをセットにしたプランで、スマホをやりながら曲を聞く人には、うってつけのサービスだと言える。

私の場合、80年代や90年代の曲を多く聞いているが、これらの曲もありったけ用意されており、一生かかっても聞くことができるんだろうか、と思うくらい曲数に関しては豊富だ。 

現在、LINEモバイルは3月31日までキャンペーンを行っている。

キャンペーン期間中に契約をし利用を開始すれば、基本料金が3か月無料で、さらに通信容量を3か月間増量してくれるサービスも行っている。

 

これまでは、圧倒的に携帯キャリアが優位な存在だった通信業界だ。

スマホ利用者は、携帯キャリアが提供するサービスの中で、自分にあったプランを選択して、その中でLINEなどのメッセージアプリや主要SNSを閲覧し、ユーチューブなどの動画を視聴してきた。

しかし、今後は、LINEのように多くのエンドユーザーに支持されているコンテンツやプラットフォームが、通信そのものを支配していく構図に転換する。

これが、いわゆる、携帯キャリアの「土管化」と呼ばれるものだ。

つまり、携帯キャリアは、今後、通信サービス競争で、完全にLINEモバイルなどの新興モバイルに太刀打ちできなくなり、最終的には、通信回線の維持管理が専業となってしまう。

まあ、これは、当然の流れなんだろうね。

 

【スポンサードリンク】
 

 

2016年の段階で、日本国内7,000万人がLINEを利用しているという調査結果がある。

これだけの人気コンテンツを要するLINEが、本格的に通信サービスに参入してきたんだから、魅力的なコンテンツを持たない携帯キャリアが太刀打ちできるわけがない。

携帯キャリアからごっそりと利用者を奪うだけではなく、これからますます激化する格安スマホ間競争でも、LINEという人気コンテンツを抱えているLINEモバイルの躍進が期待できるだろう。

そもそも、LINEとモバイルというのは親和性が高い。

てゆーか、LINEは、スマホ時代の申し子と言っていいだろう。

スマホが登場したゆえに、LINEが生まれたという面がある。

この先、LINEがどのような方向に展開していくのか、まだ、全貌は明らかになっていないが。

私個人としては、ビットコインなどの仮想通貨を扱ってほしいなあ。

そして、送金などの金融分野に進出していけば、LINEにとってもさらにビジネスチャンスが広がると思うんだが。