キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

一円もお金をかけずに、大人ニキビが治った私の場合

最近、楽天で買い物をしていて、ふと目についたのが大人ニキビ対策商品の数々。

わりと多くの大人が、ニキビで悩んでいるということだ。そういえば、私も、30歳初めぐらいまでは、よく顔にニキビができていた。

しかし、ある日、突然、ニキビができなくなってしまった。治ってしまったのである。それ以来、今に至るまで、顔にニキビができたことがほとんどない。

たまーに、アゴのあたりにポツッと赤い点ができる程度だが、一晩寝たら翌日にはなくなってしまっている。

今日は、私が、ニキビ用の薬や洗顔料に頼ることなく、一円もお金をかけずに、大人ニキビを治してしまった体験をお話ししましょう。

 

実行したのはただ単純な方法

 

正確に言えば、私は大人ニキビを治したのではなく、知らないうちに、ニキビが自然に治っていたと言った方が正しい。

それは、誰でもができる、本当に単純なことを実行しただけ。それを実行しただけで、10代から30代初めまでニキビができていたのに、あっという間にニキビが消えてしまった。

それでは、私が実行した単純な方法とは?

早寝早起き

です。

はい。終わり。

終~~了~~。

というのも、あまりにも味気ないので、もう少し説明を加えておきます。

 

私のニキビの状態

 

まあ、私も、人並みに10代の思春期からニキビには悩まされたものだ。ただ、顔全体がニキビで赤くなるほどの重症ではなく、それでも、頬、アゴなどにできたニキビを気にしていた。

やっぱり一番嫌だったのは、鼻の頭にできるニキビ。しかも、この鼻の頭にできるニキビに限って、デカい。

顔のほぼ中央の鼻の頭に、真っ赤に晴れ上がったデカいニキビがあるんだから、余計に人目に付くわけだ。

私の場合は、顔のどこにできても、わりと大きく、真っ赤になって腫れあがり、その腫れあがった皮膚の下に固いシコリがあるというニキビだった。

ニキビというよりも、むしろ、吹き出物だね。皮膚の下が化膿してウミがたまっている状態だったから。

でも、私は男だったし、美意識もそんなに高くない方だったので、どこの薬局でも売っているような、ロクに効きもしないニキビ薬を、気休め程度に塗っていた程度だった。

まあ、私のような美意識がそれほど高くない男は、顔にニキビができても、それほどは気にならなかったものだ。

そんなこんなで、20代、30代初めまでは、顔にニキビがしょっちゅうできていた。ただ、女性のようには、気にかけなかっただけ。

だが、やっぱり、鼻の頭にできるニキビは困る。目立つし、だいいち、鼻をかむことができない。

鼻をかもうとしても、イテッ、イテテテテ、となるからね。

それが、早寝早起きをしただけで、きれいさっぱりとニキビが消え、それ以来、まったくニキビができなくなったのには、驚いた。

 

【スポンサードリンク】
 

 

早寝早起き、朝型生活のすすめ

 

子供のころから、私は夜型人間だった。

中学生や高校生の頃なんて、日付が変わる前に寝たことはなかった。その夜型生活が大学時代になると、一層ひどくなる。

午前2時とか3時くらいに寝て、一応、目覚ましを昼の12時に設定しておくのだが、起きてみたら、すでに「笑っていいとも」が終わっていたりしたこともしょっちゅうだった。

時には、「ごきげんよう」すら終わって、さらには昼ドラも既に終わってしまって、ワイドショーが始まっていたこともあった。

会社に就職して、そんな極端な夜型生活も少しは改まったが。

ただ、外資系で働いていた時などは、やはり帰宅が午前2時、3時くらいになるのは普通で、やっぱり極端な夜型生活は続いた。

その間ずっと、私の顔にはニキビができ続けていた。ただ、美意識があまり高くないので、ニキビができても、ほっといただけ。

そんな私だが、30代そこそこで引退する。すると、生活スタイルが夜型である意味がなくなったのと、さすがに30代に突入して、なんとなく体がしんどい日々が続くようになったので、一念発起して朝型生活に切り替えたわけだ。

元来がせっかちな私だから、それまで午前1時くらいに寝ていたのを、急に、午後10時に寝て、午前6時に起床する生活に改めた。

当然、すぐに寝られるわけがない。そして、午前6時になんて起きられるわけがない。

でも、無理やり朝型にした。辛かったのは、最初の1週間くらい。それ以降は、徐々に朝型生活に慣れてきて、2週間経ったら、完全に朝型生活に移行していた。

色々な本を読むと、生活のパターンを変えて人間の体が本当に順応するのは、2か月くらいからだという。

そして、朝型生活に完全になれてから、私の体が目に見えて変化してきた。

まず、体がまったく疲れなくなったのだ。これは、眠りの深さとも関係しているのかもしれない。

夜型生活の時は、少し運動をしただけで、体にドッと疲れが押し寄せ、しばらく眠らないと体力が回復しなかった。しかし、朝型生活に切り替えて体が慣れるにしたがって、ジョギングをしても、体の疲労度が段違いに減少した。文字通り、体が軽くなったことを実感した。

 

【スポンサードリンク】
 

 

そして、もう一つ。気づいたら、顔からニキビが消えていた。そして、それ以来、顔にニキビができなくなった。

この時点で私がやったことは、ただ単に、夜型生活から朝型生活に切り替えただけ。それ以外は、まったく同じ。

酒が好きだから、酒はかなり飲んでいた。なんせ、毎日が日曜日ですから。

また、空揚げや餃子など油っこい食品が大好物だから、好きなだけ食べていた。引退して毎日が暇だったからジョギングをしていたため、おなかがすく。だから、空揚げなんて、ガッツリ食べていたにも関わらず、顔からニキビが消えていき、そして、今に至るまでニキビができなくなってしまった。

食生活は相変わらず油ものが多いし、酒もかなり飲んでいた。唯一変わったことと言えば、夜型から朝型に生活を変えたことだ。

だから、私の顔からニキビが消えた原因は、早寝早起きということになる。

 

そういえば、私には、思い当たる節がある。

私の高校時代からの友人が、生まれてからずっと朝型生活をしている。午後10時に寝るし、どんなに遅くなっても夜の12時を回って床に就くことはない。

この友人は、大学時代でも朝型生活をしていたし、県庁に勤めている今でも、相変わらずこの生活スタイルを守り通しているのだ。

私はその友人を高校時代から知っていて、今では年相応に老けてはいるものの、彼の顔にニキビができたのを、私は見たことがない。

本人に聞いてみても、ニキビ薬を買ったことがないということだ。

だから、私は、早寝早起き、朝型生活は、ニキビ対策に絶対に効果があると思う。これは、私自身が身をもって経験したことだし、私の友人の例を見ても、自信をもって言えることだ。

だから、もし、みなさんが、大人ニキビに悩んでいたり、慢性疲労に悩んでいるのであれば、ぜひ、生活を朝型にしてみたらどうか、と思うのだ。

同じ8時間を寝たとしても、午後10時から8時間寝るのと、午前2時から8時間寝るのとでは、その睡眠の質が全く違う。これは、私自身が経験したのだから、断言できる。

ただし、私がやったように、いきなり朝型に変えると体に負担がかかるため、まずは30分早寝早起きをする。そして、2週間後、さらに30分早寝早起きをする。そうやって、少しずつ朝型に変えると、体への負担が少なくて良いらしい。

目標は、午後10時寝ること。これは、ぜひ、目標にしていただきたい。

 

【スポンサードリンク】
 

 

睡眠のゴールデンタイムと成長ホルモン

 

なぜ、私が午後10時に寝ることをすすめるのかというと。午後10時から午前2時までの間に睡眠をとると、成長ホルモンがもっとも多く分泌されるからだ。

成長ホルモンの主な働きは、

  • 疲労回復
  • 免疫力の向上
  • ダイエット効果

だと言われている。

成長ホルモンには、体をメンテナンスする働きがある。例えば、運動や労働によって、壊れた体の組織や細胞は、成長ホルモンが分泌されることで再生される。そのため、疲労が回復したり、傷の治癒が早まったりする。

また、免疫力が向上するため、風邪や生活習慣病を防止する。

人間の皮膚というのは、常に外界にさらされているため、傷つきやすい。例えば、温度、湿度、紫外線。これらは、絶えず人間の肌に影響を及ぼし、傷つける。そして、この傷ついた肌を修復してくれるのが成長ホルモンだ。成長ホルンモンには、肌の細胞や組織を修復・再生するのを助ける働きがある。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで、肌の新陳代謝が活発化し、血行を促進して肌の老廃物の排出を促す。

それで、私のようにニキビが治ったり、ニキビができなくなったりするのだ。また、肌の急速な老化やシミやシワを予防する働きも、成長ホルモンにはある。

さらに、成長ホルモンには、ダイエット効果もある。

成長ホルモンは、傷ついた体の細胞や組織を修復する際に、体内の脂肪を分解してエネルギーとして使用している。寝ているだけで、ダイエットができるわけだ。

だから、早寝早起きで朝型生活を送るだけで、特に午後10時から午前2時の間に、きっちり睡眠をとることで、疲労回復、免疫力の向上、ダイエット効果が期待できる。

早寝早起きこそ、1円もお金をかけずに、体の不調をなくすことができる。私の場合、朝型生活に変えることで、ニキビができない体質になっていったし、体の疲労度が随分軽くなった。

みなさんも、できるだけ、朝型生活に切り替えてもらいたい、と私は思う。

下らない付き合いや、だらだらと夜更けまでスマホやタブレットでメールやラインをしていても、いいことはない。だいいち、自分の体が蝕まれていくだけだ。

特に、30歳を過ぎれば、人間、無理はきかなくなる。無理をすれば、のちのち大きな病気をして後悔することになる。後悔をするのは、ほかでもない、あなた自身なのだ。

大人ニキビで悩んでいる人は、つまり、体が無理をしている、体の補修能力が落ちているサインだと考えよう。このまま、体が傷ついて、補修できない状態が続けば、やがてガンや生活習慣病などを引き起こし、取り返しのつかないことになるだろう。

まあ、確かに、仕事で夜遅くなるのは分かる。それでも、何とか朝型生活に切り替えることを目標にしてほしい。

最近は、夜残業する代わり、朝早く仕事を始める人も多いんだとか。その方がいいよねえ。

だって、電車はすいているしさ。

ただ、仕事の都合で、どうしても生活が不規則になる人たちもいる。たとえば、シフト制の工場勤務とか、看護師とか。

そういう人で、大人ニキビに悩んでいる人は、仕方がないから市販薬に頼るしかないでしょう。以下におすすめ商品を挙げておきますが、あくまでも、生活パターンを変えることを目標にして、これらの商品は、ニキビなどの肌トラブルを一時的に治癒することが目的であることを念頭に置いて使用してほしい。

女性の場合だと、以下のような商品があります。

 

 

また、男性の場合だと、こんな商品もあります。