キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

最近、気持ち悪いほど愛想がよくなった沢尻エリカへの期待

 

沢尻エリカが、最近バラティートーク番組に出まくっている。

例の「べつに」発言で芸人たちから激しくイジられながらも、まったく動じることなくニコニコして応対するなど、以前とは真逆だ。

沢尻エリカって、こんなイメージだっけ?

かつては、「エリカ様」などというフザけた敬称付きで呼ばれ、生意気で、不遜で、奔放なイメージ満載の沢尻だったが。

その沢尻が、最近は、まことに愛想がいい、いや、愛想良く振る舞っている。

なんだろう? この気持ち悪いくらいの変わりようは?

まるで、別人じゃないか?

 

思えば、あの「べつに」発言は、衝撃だった。

いや、むしろ、マスコミによって衝撃的にされてしまった感すらある。

2007年、主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで、不機嫌な態度で女性司会者に対して終始応対し、時には睨みつけたり。そして、あの「べつに」発言である。

まあ、若い女優が、舞台あいさつで不機嫌な態度で、生意気な振る舞いをした、というだけのことなのだが。

その一部始終が何度も何度もワイドショーなどで放映されることで、大変な騒ぎになった。

いわば、ワイドショーによって、騒ぎが大きくなり、さらに衝撃度も増していったような感じも受けるわけだ。

問題発言には違いないが、でも、決定的な問題発言でもない。

たとえば、誰かを傷つけたとか、誹謗中傷したとか、そういった類の問題発言ではない。ただし、「べつに」と受け答えされた女性司会者は傷ついただろうが。

それに、不機嫌な態度で生意気な振る舞いをしたと言っても、これも、テレビを見ている視聴者が多少不快になるという程度で、あれほどマスコミが大騒ぎするほどのことでもない、と私は思ったんだが。

 

しかし、その後、沢尻はマスコミの絶好のターゲットになってしまう。そして、沢尻側も、まるでわざと話題を提供するように、次々とマスコミネタを提供する。

いきなり、だいぶ年の離れた男性と結婚したり、しばらくして離婚したり。所属事務所と契約を解消して、芸能活動を一時的に休止したり。

どこかに沢尻が現れたら、すぐにマスコミが駆けつけ、それだけでニュースとして報道されたこともある。

ただ単に、ある場所に沢尻が現れたという、それだけのニュースなのだが。

そんなしょーもないことがニュースになるほど、今から考えれば、異常な過熱感だった。

しかし、それは、とりもなおさず、沢尻自体にニュースバリューがあるということに他ならない。

 

高く評価された演技力と歌手としての成功

 

もともと、沢尻エリカの演技は高く評価されていた。

2005年の映画「パッチギ!」で演じた役で、数多くの新人賞を受賞していたし、フジテレビで放送されたドラマ「1リットルの涙」での演技が高く評価されて、エランドール賞新人賞やゴールデン・アロー賞新人賞も受賞している。

その演技力については、折り紙付きだと言えよう。

その後も、沢尻が出演するドラマや映画が次々に公開され、久々の大型新人として、すでにその将来を嘱望されるまでの高い評価を受けていた。

 

一方で、同時期、主演ドラマで演じた役で歌手デビューも果たす。しかも、ファーストシングルと、セカンドシングルがそれぞれオリコンで1位を獲得するという快挙に至った。

女性歌手でデビューから2作連続でオリコン1位を獲得したのは、薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」、「探偵物語」以来24年ぶりの記録だという。

女優としても高い演技力が評価され、さらに歌手としても大成功を収めるなど、順風満帆の沢尻エリカだったのだが。

例の「べつに」発言以来、マスコミから大バッシングを受け、ドラマや映画のオファーも全くなく、芸能界を干されてしまうことになった。そして、芸能活動休止を余儀なくされてしまうわけだ。

 

女優は演技で評価されるべき

 

今から考えれば、沢尻エリカについてのバッシングは異常だった、と私などは思うなあ。

例の「べつに」発言にしても、当時、女優としても高く評価されており、さらに、歌手としても大成功を収めるなど、若干20歳の沢尻が少々天狗になっていた面もあろうが、それにしても、マスコミがこぞって大バッシングするほどのことだったんだろうか?

舞台あいさつに「べつに」と不機嫌な態度で臨んだことは、プロの女優としてどうか?

という疑問はあるけれど。

しかし、繰り返しになるが、あの発言で誰かを傷つけたとか、誹謗中傷したとか、そういう類の決定的な問題発言というものではなかったし、あの不機嫌な態度にしても、視聴者を多少不快にした程度で、視聴者に大変な迷惑をかけたといえるほどのものでもない。

それなのに、その後のマスコミの沢尻バッシングは、ひどかった。まるで、沢尻を日本のマスコミが寄ってたかってツブしにかかっているようにしか、私には思えなかった。

 

そもそも、女優などというものは、その演技について評価されるべきである。

主演映画の舞台あいさつなどというものは、所詮、宣伝活動であって、女優という仕事の本質でも何でもない。

まあ、たしかに、宣伝活動は大事だ。大事だけれど、女優活動のメインを占めるものではないのだ。

その宣伝活動で、しかも、当時若干20歳の女の子が、多少天狗になっていたこともあって、不機嫌な態度をとったというだけで、日本中のマスコミが大バッシングするほどのことだったんだろうか?

 

もし、マスコミがバッシングするのであれば、その対象は、ロクに演技もできないくせに、ドラマや映画に出まくっている若手人気女性タレントではあるまいか?

演技が未熟なくせに、ドラマや映画で主演をはり、それで1、2作品に出演しただけで、早くも女優などという肩書をもらっている女性タレントは、いくらでもいる。

なぜ、マスコミは、そんな未熟な若手女性タレントの演技の未熟さをたたかないのか? 

なぜ、そんな女性タレントを次々に起用するテレビ局の姿勢を糾弾しないのか?

日本のマスコミの報道姿勢には、大いに疑問がある。

 

沢尻エリカへの期待

 

沢尻エリカ同様、若いころにマスコミから大バッシングを受けた大物女優は、何人かいる。

有名な名前を挙げると、例えば、加賀まりこや高橋惠子など。両者ともに、今ではベテランの大女優だが、若いころは、沢尻エリカなど足元に及ばないくらいのスキャンダラスな女優だった。

当然、マスコミからのバッシングもものすごかった。両者ともに、一時期、芸能界からの引退を考えたほどだったというから、昔から、マスコミの芸能報道も熱を帯びていたのだろう。

しかし、加賀まりこにしても、高橋惠子にしても、そんなスキャンダルやバッシングを乗り越え、今の地位を築き上げてきたわけだから、沢尻の今後も、それほど悲観することもないだろう。

加賀まりこ、高橋惠子、沢尻エリカ、この3人に共通するのは、やはり、若いころから演技が高く評価されていたことだ。女優は、やはり、演技力で評価されるべきだ。

 

さいわい、沢尻も、最近はバラエティートーク番組で、過去の「べつに」発言をイジられても、ニコニコと笑顔で対応するなど、気持ち悪いくらい愛想がよくなっている。

今後は、演技以外の余計なことで、マスコミを敵にまわすことはなくなるだろう。そうなると、もともと高い演技力に定評があった沢尻のことだから、きっと大女優への道を昇り詰めていくにちがいない。

今後の沢尻エリカの活躍に期待したい。