キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

ダウンタウン松本人志を批判する「踊るチンピラ」オリラジ中田の将来性

スポンサードリンク

 

ダウンタウンの松本人志を批判したオリエンタルラジオ中田敦彦の件が、ネットやマスコミで話題になっている。

ことの発端は、こうだ。

脳科学者の茂木健一郎が、ツイッターの中で「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」という発言をした。

この発言に対して、松本人志や有吉などが、批判や違和感を呈すると、茂木自身が即座に訂正して謝罪。

 

「ワイドナショー」での茂木健一郎の公開処刑

 

しかも、茂木自身、わざわざ「ワイドナショー」に出演して謝罪し、反省することしきり。松本人志にまるで頭が上がらないようで、いつもの元気が全くない。

そして、松本人志からは「お笑いのセンスがない」などと、さんざんイジられ、コケにされ、笑われた。

このときの茂木健一郎は、まさにサンドバック状態。全く言い返すこともできず、松本に殴られっぱなし。

いわば、テレビの中で茂木健一郎の公開処刑が行われたわけだ。なんたる無様な姿。

ツイッターで、自身がつぶやいたように、権力者松本人志に対して言い返すこともできずに、終わってしまった。

 

【スポンサードリンク】
 

 

オリラジ中田の松本批判

 

それを見ていたオリラジ中田が、「大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに」と自身のブログで発言。

つまり、「ワイドナショー」で、茂木健一郎が松本にツッコまれて、ネタにされて、イジられて、笑いものにされていることこそが、日本のお笑いの世界でありがちな、大御所芸人が若手をいたぶって笑いをとる一方で、その逆パターンはあり得ないという茂木自身が批判したかったことなのだからして、茂木がツイッターで批判したことが、そのままに展開されているではないか?

この松本と茂木の関係こそが、お笑い権力者に凌辱される弱き者の姿ではないか?

と、まあ、オリラジ中田は言いたかったんだろう。

要するに、中田は、茂木健一郎のお笑い批判に乗っかることで、松本人志を批判したということのようだ。

 

中田発言の波紋

 

中田が、そんな発言をブログでしたもんだから、吉本社内では大騒ぎとなった。「松本人志に謝れ」などと、会社の人間に言われているらしいが、「断固として拒否した」と、中田が自身のラジオ番組で発言。

それで、ことがさらに大きくなって、ネットや週刊誌を巻き込む形で騒ぎが大きくなっていったもようだ。

「ひょっとして、中田は干されるんじゃないか?」

「オリラジの担当マネージャーが、更迭されたらしいぞ?」

「中田の発言は勇気ある発言だが、中田を擁護する声がないじゃないか?」

いろいろな情報が入り乱れ、それこそ虚実入り混じった情報が錯綜して、本当のことは、誰にも分からない。中田と松本以外には。

 

【スポンサードリンク】
 

 

勇気ある発言

 

そもそものことの発端になった茂木の日本のお笑い批判だが、これは、たしかに一理ある。たとえば、とんねるずが、「みなさんのおかげでした」の中で、若手芸人をいきなり拉致して、高級腕時計や、車、ブランドスーツを無理やり買わせる企画がある。

大御所に逆らえない若手。先輩の言うことは絶対という理不尽な芸能界。

これは、とんねるずのパワハラでしかない。

おそらく、茂木の発言には、こういう番組作りに対する批判も込められていたのだろう。

そういう意味では、茂木の発言は勇気ある発言であったというべきだし、松本人志にイジられている茂木をみて、「ほら、これが茂木さんが批判したお笑いの世界ですよ。お笑い権力者が弱者をいじるのが日本のお笑いですよ」と、茂木の批判に乗っかって松本人志を批判した中田の発言も勇気があると称賛しても良いだろう。

 

オリラジ中田のお笑いの才能は?

 

さて、問題のオリラジ中田の今後だが。

松本を批判したことで、中田は干されるんだろうか? それは、誰にも分からない。

ただ、本人に実力があれば、少々干されようが、最終的に必ず這い上がって、再び人気が出てくるだろう。

では、オリラジ中田に、その実力があるかどうか?

しょーじき、私は、中田にはお笑いの才能はない、と思う。私がオリラジで笑ったことは、これまで一度もないのだ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

パフォーマーとしてのオリラジ

 

オリラジと言えば、デビュー1年余りで「武勇伝」で大ブレイクし、デビュー3年で冠番組を含むレギュラー番組が10本を数えるなど、一時期は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、その後、武勇伝ネタが飽きられ、長らく低迷。

以後、ピンで藤森がチャラ男キャラでプチブレイクするが、コンビとしては不遇の時期を過ごす。

ところが、2016年に「Perfect Human」ネタで再ブレイク。現在に至っているわけだが。

しかし、オリラジのネタは、「武勇伝」にしても、「Perfect Human」にしても、まったく面白くない。笑えない。

一応、オリラジの芸はリズムネタとして分類されるが、面白さのかけらもない。

確かに、「Perfect Human」は、パフォーマンスとしてはすごいと思う。アラフィフのオッサンである私から見ても、かっこいいとは思う。

ただ、惜しむらくは、歌詞がクソなのだ。あのアホな歌詞をもっとましな歌詞に書き換えれば、完璧なパフォーマンスになるはずだが。残念だ。

しかし、やっぱり、「Perfect Human」は、全く面白くない。

そう。彼らはお笑い芸人ではないんじゃなかろうか? オリラジをお笑い芸人として分類するからおかしくなるのだ。

「Perfect Human」ネタを見ても分かる通り、彼らは、どちらかというとExileなどのダンスパフォーマンスに近い。

 

若者に受ける「踊るチンピラ」オリラジのパフォーマンス

 

お笑い芸人としては、お笑いのセンスがまったくないオリラジだが。ダンスパフォーマンスとしては、結構イケるんじゃない?

まあ、私はダンスなどまるっきり分からないから、彼らのダンスパフォーマンスが、Exileなどと比べてどれほどのものか、よくは分からない。

ただ、オリラジの若者人気の高さから考えると、彼らのパフォーマンスは、ある程度レベルが高いんだろうと思う。お笑い芸人としては、クソレベルでしかないがね。

だって、オリラジで全く笑えないんだから、仕方がないでしょうが。

そんなクソレベルのお笑い芸人が、お笑いの天才松本人志を批判するんだから、やはり違和感もある。

まさに、チンピラが名人に文句をつけているようで、まるで話にならない。

「踊るチンピラ」オリラジ中田が、笑いの天才・松本人志を批判しても、所詮、立ち位置が違いすぎて、ピンとこないのは、私だけだろうか?

 

【スポンサードリンク】
 

 

大御所もチンピラだった

 

まあ、大御所を批判するのも、悪いわけではない。

実力のある若手は、みな、大御所を批判して、それでも干されることなく、ツブされることなく、売れていった。

たとえば、萩本欽一は、若手のころ、大御所の永六輔を批判していた。そして、タモリやビートたけしなどは、若手のころ、萩本欽一の笑いを批判していた。

また、今でこそ、お笑い界に君臨している松本人志なども、若いころ、公然と批判はしていないが、著書の中などで、横山やすしや明石家さんまのことを批判していた。

萩本欽一、タモリ、ビートたけし、松本人志にしても、若手のころは、それぞれ大御所を批判して、自分の笑いをその大御所たちにぶつけ、勝負を挑み、そして今は大御所となっていったのである。

若手のころは、みんなチンピラだったのだ。

 

オリラジ中田の松本批判は成功するのか?

 

この点、松本人志を公然と批判するオリラジ中田の態度は、立派なものだと思うが。

はたして、中田が、松本や松本の笑いを批判して、それに代わる自らの新しいお笑いの形を、世に問うことができているかが、問題となるだろう。

萩本欽一、タモリ、ビートたけし、松本人志。

彼らはみな、大御所の笑いを批判して、自らの新しいお笑いの形を提示し、世に問うていった中で、人気を博して、現在の地位を獲得するに至った。

はたして、オリラジ中田が、松本人志を批判して、松本の笑いに代わる新しい笑いを提示できるのだろうか?

私は、非常に疑問に思うのだ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

お笑いの才能がない中田

 

なぜなら、オリラジ中田は、パフォーマーとしてはすごいと思うが、お笑いの才能はないからだ。「武勇伝」や「Perfect Human」ネタで笑うのは、厳しい。パフォーマンスとしては優れているとは思うが。

オリラジ中田が、松本を批判した意図は良く分からない。しかし、松本と中田の立ち位置があまりにも違うため、まるで、異種格闘技を見せられているような印象を受ける。

剣道とボクシングじゃ、そもそも対戦できんでしょうが?

 

オリラジ中田はどこを目指しているのか?

 

オリラジは、お笑い芸人ではない。パフォーマーとしてはすごいのかもしれないが、まったく笑えないお笑い芸人なんて、想像することさえ難しい。

ただ、最近は、コメンテーターとしても活躍している中田は、大学受験の指南書なども出版して、相変わらず絶好調のようだ。

しかし、出演している番組を見ても、まったく笑えないのは相変わらずだが。

ひょっとして、お笑い芸人としては、諦めているのか?

将来、中田は何がやりたいんだろう? バラエティーのMC? あるいは、池上彰のようなことをやりたいんだろうか?

オリラジも、もう30を超えているんだから、いつまでも単なるパフォーマーでは厳しいはず。

お笑いの才能のないオリラジの行く末が、私には見えない。ただ、これから先、お笑いの世界でオリラジの居場所はない、と断言できる。

既に後輩芸人で、オリラジよりもはるかに面白い芸人がいくらでもいるからだ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

オリラジ中田は逃げるのか?

 

とすれば、オリラジは、お笑いの世界から足を洗って、どこへ行くんだろう?

そして、所詮、お笑いの世界から出ていくのであれば、中田の松本批判も、周りが大騒ぎするほどの問題ではないのかもしれない。

猫が用を足したあと、後ろ足で砂をかけて逃げていくように、中田も松本批判をして、素知らぬ顔でお笑いの世界をあとにするのだろうか?

お笑いの才能で、松本と真っ向から勝負できない以上、中田に残された道は、ケツをまくって逃げることでしかないような気がするのだが。