キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

激太りした浜崎あゆみの商品価値

 

先週の「今夜くらべてみました」って見た?

先週の放送では、なんと、あの浜崎あゆみが出ていたんですねえ。

そういえば、最近、浜崎あゆみをテレビで見ていないなあ、と思いながら、「今夜くらべてみました」を見ると。

なんと、浜崎あゆみ、激太り。

浜崎って、あんなにぽっちゃりとしていたっけ?

いやいや、全盛期の浜崎は、スレンダーで、もっとかわいかったぞ。

もはや、全盛期の原型をほとんど留めていない。

 

原型?

浜崎あゆみに、そもそも原型があったのかどうかすら疑わしい。

だいたい、全盛期ですら、顔をいじり倒してデビュー当時の顔とは激変しているわけで。

だとすれば、浜崎の原型って、いったい何なんだ?

まあ、きょーび、整形していないタレントの方が珍しい。

浜崎あゆみのデビュー当時の顔と、全盛期、そして、今の顔を比べてみることがむしろ、無意味なんでしょうなあ。

 

でも、今の浜崎の顔やスタイルは、あきらかに不摂生のせいでしょう。

番組では、浜崎が毎朝、専属トレーナーの指導のもと、ヨガに励んでいる様子が撮影されていたけれど。

ヨガをやっても、あれだけぽっちゃりしていれば、そのヨガは効果がないということか?

あるいは、浜崎のあまりの不摂生に、ヨガの効果が帳消しされたとか?

いずれにしても、かつて、若い女性の憧れの的であった浜崎あゆみというアイコンは、もう存在しない。

 

浜崎あゆみの全盛期は2000年代初頭である。

当時は、女子高生のカリスマなどとも言われ、ファッションリーダーでもあった。

顔の半分が隠れるくらい大きなサングラス、ド派手なネイルアート、大阪のおばちゃんしか着ないようなヒョウ柄を流行らせたのも、すべて浜崎だ。

「Ayu」というのは、たんなるアイドル歌手を超えて、社会現象でもあった。

当時、街ゆく女子高校生などは、みんな、浜崎のスタイルを真似ていたもんだ。

 

また、浜崎のこだわりは楽曲のみならず、衣装、ミュージックビデオ、グラビア、に至るまで全てセルフプロデュースが徹底しており、強いこだわりを感じさせたものだ。

その浜崎独特のファッションセンスが、当時の女子高校生を始めとして若い女性に大いに受けていたのだが。

それなのに、現在のあの激太りは、どんなセルフプロデュースなのか?

もちろん、歌手の場合、ガリガリよりは、ある程度ぽっちゃりしていた方が声量がつくということもある。

だから、あえてオペラ歌手で減量しない人もいるくらいだ。

しかし、浜崎は、歌手であることはもちろんのこと、そのビジュアル面でも当時の若い女性の憧れの的であったことを考えると、今のこの激太りは、浜崎あゆみにとって自殺行為に等しい。

 

誰が、激太りの浜崎に憧れるだろうか?

もちろん、ガリガリのやせ型がいいわけではない。あまりにも痩せていると、かえって不健康にすら見えるからだ。

しかし、顔の形が変わるほどの激太り浜崎には、もはや、ファッションリーダーとしての役割は期待できないだろう。

激太り浜崎の商品価値はゼロに等しい。

 

しかし、先週の「今夜くらべてみました」で放送されていたのは、いまだにバブリーな浜崎の私生活である。

10億円とも言われる豪邸には、ヨガのスタジオかと見まがうばかりの広々としたリビングに、冷蔵庫が5台もあり、2階のテラスには芝生が敷き詰められて、犬と戯れることができるほど。

また、シャネルのバッグ、高級ブランドの靴などが、専門店並みの品ぞろえで並べられている。

 

しかも、浜崎の収録中のスタジオには、マネージャーを始めとする取り巻きが25人も待機している。そのうち、マネージャーが7人、ヘアスタイリストが4人、スタイリストが数名、トレーナーまで引き連れている。

マネージャーが7人もいるんだろうか?

一人の人間のヘアスタイルを整えるのに、なんで、4人もヘアスタイリストが必要なのか?

しかも、スタジオでエクササイズをするわけではないのに、常時、専属のトレーナーまで引き連れているとは。

まさに、ハリウッドのセレブ並みだ。

 

こんな豪勢な暮らしがいつまで続くんだろうか?

他人事ながら、心配になる。

浜崎あゆみが、最近、曲を発表したという話は聞かない。それどころか、浜崎の曲がヒットしているなどという話も、この何年も聞いたことがない。

浜崎のみならず、音楽業界全体でCDが売れない現状である。

数年前に発売されたベストアルバムは売れたみたいだが、現在の浜崎の収入源は主に、カラオケ印税ぐらいだろう。

コンサートを開催しても、全盛期ほど客を呼べないに違いない。

だとすれば、浜崎は、過去の遺産で食っているわけでしょう?

そして、もうほとんど新曲を発表していないし、新曲を発表しても、今の浜崎ではそれほどセールスは伸びないだろうし。

とすれば、カラオケ印税も、これからは減ることはあっても、増えることはないんじゃないかなあ。

 

ファッションリーダーとしても浜崎あゆみは、すでに何年も前から存在しない。とすれば、ファッション面からのファンへのアプローチも難しい。

そんな状況で、10億円の豪邸を公開したり、大量にあるブランドもののバッグや靴を見せびらかしたり、取り巻きを25人も引き連れてテレビ局のスタジオに出入りする生活が、いつまで続くのだろうか?

 

しかも、浜崎あゆみ全盛期の女子高校生ファンたちも、30代になった今。

彼女たちも社会人となり、結婚し、子育ての真っ最中で現実の厳しさに直面しているのに、かつてのファッションリーダーが、激太りし、新曲も発表しないのに、過去の遺産で豪勢な生活をしている様を目の当たりにすれば、嫉妬が湧かないはずはないだろう。

彼女たちにとって、かつては、確かに浜崎は憧れの的だったかもしれないが、今では、ただ単に、過去の遺産を食いつぶしているだけの、激太りオバサンでしかないのだろう。

 

芸能界において、浜崎あゆみの商品価値は、もうない。

それにもかかわらず、相変わらず、バブリーな生活を続ける浜崎だが、彼女のファンたちは、そんな浜崎をどんな目で見ているのだろうか?

最後は、安アパートの一室で孤独死、なんて結末だけは見たくないもんだ。