キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

不倫釈明会見で斉藤由貴の独特な雰囲気に飲まれてしまった視聴者と芸能レポーターたち

スポンサードリンク

 

斉藤由貴が、久々にワイドショーに出ていると思ったら。

また、不倫か。

まあ、彼女は、結婚前に尾崎豊や川崎麻世とも不倫していたから、今回の医師との不倫でも、そんなに意外感はなかった。

それに、彼女の釈明会見を見ていると、正直に記者の質問に答えているので、むしろ、好感(?)を持ったくらいだ。

確かに、一線を越えていることは頑なに否定していたし、その点には違和感がかなりあったけれど。

 

しかし、彼女の会見を見ていると、「正直にしゃべっているなあ」という感想を抱いてしまう。

今井絵理子の嘘くさい釈明に対して抱いた嫌悪感が、彼女の会見では感じられなかった。

不倫相手の医師と恋人つなぎと言われる手のつなぎ方をしていたにもかかわらず、一線を越えていないとは考えられないけれど。

それにもかかわらず、斉藤由貴の今回の不倫は、なぜだか分からないけれど、許せてしまう。

不思議なもんだ。

 

今井絵理子の不倫に関してのこのブログの前回の記事では、多少厳しめのことを書いたけれど。

私は、本来、不倫に関しては当事者同士の問題であって、他人が口を出すべき問題ではないと思う。

だから、芸能レポーターたちが、不倫当事者に対して謝罪を求めるなどという出過ぎたマネをしていることには非常な嫌悪感を抱く。

芸能マスコミなんて、一体、何様のつもりなんだ?

しかし、今回の斉藤由貴の釈明会見では、むしろ、芸能マスコミでさえ、「正直すぎる」などと、彼女の率直な釈明に関しては好意的に見ていたくらいなのだ。

なんでだろう?

なぜ、かならずしも本当のことを言っているように見えない斉藤由貴の不倫釈明会見なのに、視聴者のみならず、芸能マスコミでさえ、好意的な目で彼女の会見を見ているんだろう?

 

【スポンサードリンク】
 

 

この原因は、ひとえに、斉藤由貴のもつ独特な雰囲気にあると思うのだ。

なんだか、フワ~っとしたような、ホワ~ンとしたような、彼女の持つ独特な雰囲気により、釈明会見全体が斉藤由貴ワールドになってしまい、肝心の点が曖昧になってしまう。

一線を越えたかどうかなんて、どうでもよくなってしまう。

それよりもむしろ、今回の浮気について斉藤は、いまだに夫と何もしゃべっていない。

「怖くて、今回のことが夫婦の間で会話として話されたことはない」などと、正直なことを言う斉藤。

一線を越えていないなどと、不正直なことを言いつつも、一方で、夫婦間の赤裸々な事実を語って見せるなど、正直なのか不正直なのか、まったく分からない。

いったい、どっちなんだ? 

でも、あのフワ~とした雰囲気でしゃべられると、なんとなく正直に、率直に喋っているという印象を与えてしまうから不思議だ。

 

今回の、斉藤由貴の釈明会見は、彼女の戦術勝ちのような気がするのだ。

芸能レポーターも、視聴者も彼女の雰囲気に飲まれてしまって、「まあ、いっか」と納得させられてしまう。

心のうちには釈然としないものを感じながら。

結局、一線は超えていなかったんだろうか?

そんなことも、どうでもよくなってしまう。

恐るべし、斉藤由貴。

 

思えば、斉藤由貴の魅力というのは、そういうところにあるのだとも言える。

一視聴者として、私は若いころから彼女を見てきたが。

彼女は尾崎豊や川崎麻世などと不倫関係にありながらも、清純派女優として絶大な人気があった。

まさに、その女優人生は順風満帆であったと言える。

若手女優の登竜門ともいえるNHKの朝の連ドラのヒロインも演じ、民法各局でも斉藤主演で数々のドラマが作られた。

でも、その多くは、彼女の人気に便乗しただけのクソドラマだったけれど。

 

【スポンサードリンク】
 

 

一方、斉藤由貴は紅白に出場するなど、当時の人気歌手でもあった。でも、歌はヘタだった。死ぬほどヘタだった。

おそらく、そのヘタさは、宮沢りえに勝るとも劣らないほどのヘタさだろうか。

死ぬほどヘタだったにもかかわらず、斉藤由貴の曲はよく売れた。

たとえば、デビュー曲である「卒業」などは、今でも私のようなアラフィフ世代には心に残る卒業ソングとして、かならず挙げられる曲でもある。

その他にも、安全地帯の玉置浩二が作曲したことで話題となった「悲しみよこんにちは」とか、井上陽水が作詞・作曲した「夢の中へ」などというヒット曲もある。

「卒業」、「悲しみよこんにちは」、「夢の中へ」はいずれも良く売れたが、これは斉藤由貴が歌わなくてもよく売れた曲なのだと思う。

むしろ、斉藤由貴が歌わなかった方が、これらの曲はもっと売れたのではないだろうか、とも思うのだ。

 

ただ、彼女の持つフワ~としたホワ~ンとした雰囲気は、特に「卒業」という曲のイメージにピッタリとハマったものだ。

その彼女のもつ独特の雰囲気が、歌ヘタをカバーしたという面もある。

今回、彼女の不倫釈明会見を見ながら、相変わらず、彼女の持つ独特な雰囲気が健在であることを、私などは喜ばしくも思った。

 

【スポンサードリンク】
 

 

まあ、不倫などは、公人で国民の税金から多額の報酬が支払われている今井絵理子のような政治家でない限り、他人にとってはどうでも良いことなのだ。

今回の斉藤由貴の不倫については、斉藤夫妻と医師夫妻の問題であるから、外野がとやかく言う問題ではないはずだ。

ましてや、芸能マスコミなどが公の場で謝罪を要求すべき問題ではない。

さいわい、今のところ、彼女の不倫報道では、彼女の持つ独特な雰囲気により、公然と謝罪を求めるような動きにはなっていないが。

 

それにしても、私のような斉藤由貴と同世代の人間から見れば、彼女の衰えることのない性欲は羨ましい。

人間50歳にもなってくれば、そのあたり少しは大人しくなるものだが。

彼女の場合は、いまだに、お盛んなのですなあ。

同世代として斉藤由貴には、今後とも頑張って欲しいものだ。