キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

元SPEEDメンバー上原多香子の不倫を報じないテレビ局と有力芸能事務所との癒着

スポンサードリンク

 

元SPEEDメンバーの上原多香子に不倫疑惑が浮上している。

上原と言えば、3年前に夫が自殺して悲劇のヒロインになったのは記憶に新しい。

当時、上原と夫の間柄は格差婚などとも言われていた。ほとんど無収入の夫と、収入面で家庭を支える上原。

上原の夫の自殺に対して、当時のマスメディアは様々な憶測を報じていたが。

あれから3年。

最近、週刊誌で上原の夫の遺書が公開された。

 

それによると、上原の夫の自殺の原因は、上原自身の不倫であるという。実際、上原が不倫相手と一緒に写っている写真や、不倫相手とのLINEのやりとりも公開されていた。

上原の不倫に悩んでいたという夫は、自ら死を選んだ。

遺書からは、そんな自殺原因も読み取れる。

もっとも、自殺の原因は、そんなに単純なものではないのかもしれない。

というのも、上原の夫は、自身が子供を作れない体であることも気に病んでいたというから。

ひょっとしたら、子供を欲しがっていた上原が浮気をしたのは、自分が子供を作れない故ではないか?

そんな苦悩も、遺書からは読み取ることができる。

 

それゆえか。

自殺した夫の遺書には、上原を非難する文言は見当たらない。

それどころか、上原を気遣い、自分がいなくなって後の上原の身の上を気遣う言葉もあった。

3年前は悲劇のヒロインだった上原だが、この遺書が公開され、夫の自殺の原因のひとつが上原の浮気であることが報じられた今、彼女を非難する声が高まっている。

 

【スポンサードリンク】
 

 

しかし、この上原の不倫について、それを取り上げてニュースにしたテレビ番組はほとんどなかった。

いったい、なぜだろうか?

一つには、3年も前の浮気で、すでにニュースとして風化しているということもあるかもしれない。

しかし、一方では、やはり、テレビ局と有力芸能事務所との癒着が、今回の上原の不倫報道でも取りざたされている。

 

有力芸能事務所が圧力をかけたり、テレビ局側が有力芸能事務所の事情を忖度して、このテのニュースを報道しないということは、これまでにもたびたび見られた。

最近の例を挙げると、タレントでモデルのマギーの不倫である。

マギーの不倫は、今年の初めに判明したのだが、フライデーで報じられたのみで、そのあとにマギーの不倫を報じる週刊誌とテレビは、まったくなかった。

これに関しては、マギーの所属する芸能事務所が、テレビを始めとするマスコミに対して、かなりの圧力をかけたのではないかと言われている。

実際、マギーの不倫を報じるマスコミは、フライデー以外なかった。

 

さらに、有力芸能事務所がテレビ局に圧力をかけた、もっと顕著な例がある。

たとえば、お笑い芸人の島田紳助が逮捕されたとき、「島田紳助司会者」などと、テレビでは報じられていたものだ。

普通、われわれ一般人が逮捕されたのであれば、躊躇なく「容疑者」呼ばわりされるのに、紳助が逮捕されたら、「容疑者」ではなく、「司会者」と呼ばれるこの不思議さ。

また、以前、SMAPの稲垣吾郎が逮捕されたときも同じだった。

この時、「稲垣吾郎メンバー」などと不思議な敬称(?)をくっつけて、テレビは呼んでいたものだ。

 

当然、テレビのこの報道姿勢に関しては、視聴者からかなりの苦情があったらしく、その後、SMAPの草彅が逮捕された時には、さすがに「草彅容疑者」と呼ばれていた。

そもそも、芸能人だからといって、われわれ一般人とは別に特別な待遇を受けるというのがおかしいのであり、報道機関としての姿勢が厳しく問われてしかるべき重大な問題であったにもかかわらず、BPOはこの件に関して、なにも言っていない。

BPOって、必要なのか?

 

【スポンサードリンク】
 

 

今回の上原の不倫疑惑に関しても、テレビではほとんど扱われることはなかった。

しかも、「ワイドナショー」で、松本人志が上原の不倫についてコメントしたのに、その部分は全部カット。

「ワイドナショー」でも上原の不倫が扱われることはなかった。

この前の「ワイドナショー」では、松本が、このようなテレビの報道姿勢に関して苦言を呈していた。

「ネットニュースでは、上原ネタが上位を占めているのに、テレビのワイドショーはほとんど報じない。それどころか、上原の不倫に言及したら全部カットというのはおかしいのではないか?」

と、松本が「ワイドナショー」でコメントしているのは、おそらく、視聴者の持っている疑問そのものでもある。

 

以前から、松本はネットニュースで扱われるニュースと、ワイドショーで扱われるニュースの違いを指摘していた。

このままでは視聴者がネットニュースに流れてしまい、テレビを見なくなるのではないか?

などと、テレビの将来に対して危機感をあらわにしてもいた。

 

今回の上原の不倫が、事務所の圧力によりテレビで報道されなかったのか、そもそも3年前の不倫にニュースバリューがないから、テレビで報じられなかったのか?

それは、われわれ一般の視聴者には分からないが。

しかし、夫の自殺で悲劇のヒロインになっていた上原が、今回、夫の遺書の公開を機に、ゲス不倫の当事者になり下がったインパクトは相当大きいようで、ネットニュースでは、視聴者はかなり関心を持っていたようだ。

とすれば、3年前の不倫ではあるものの、ニュースバリューとしては大きいはずだ。

テレビが上原の不倫をほとんど報じないのは、結局、有力芸能事務所との癒着であることを雄弁に物語っているではないか?

 

【スポンサードリンク】
 

 

タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女」の川谷の不倫は、いまだに我々の記憶に新しい。

ベッキーの不倫の時は、日本中のマスコミが、彼女と川谷のことを徹底的に報道したものだ。

しかも、どこから流出したか分からないけれど、二人のLINEのやり取りまでが週刊誌に大々的に掲載されるなど、報道が過熱していた。

結果、ベッキーは出演していた番組とCMを全て降板せざるを得なくなり、数億円とも言われる損害賠償を負わされるまでになった。

ベッキーの所属するサンミュージックは、いつ倒産してもおかしくない、と言われるほどの瀬戸際まで追い詰められた。

 

ベッキーの不倫に関しては、彼女のイメージと嘘の会見のギャップを指摘し、当然の報いである、という意見もあるにはあるが。

しかし、それでも、たかが不倫ではないか?

刑法犯ではない。民事だ。

これは、あくまでも、ベッキーと川谷夫妻の問題であるはずだ。

それなのに、ベッキーと川谷に執拗に謝罪を求めるなど、芸能レポーターの不遜な態度には、ヘドが出るわ。

 

過熱した報道により、ベッキーを失業させ、所属事務所を破産の一歩手前まで追い詰めたベッキーの不倫報道。

一方、マギーや上原の不倫に関しては、ほとんど報道しない。結果、マギーも上原も、不倫報道が自身のキャリアにとって致命的になることはない。

私は、不倫報道で芸能人を徹底的に追い詰めることには反対だ。不倫は、本来、当事者の問題であり、当事者だけの問題であるはずだからだ。

ただ、芸能人は、なかば公人、つまり半公人であるという性格を持っているため、不倫自体が報道されることは仕方ないだろう。

問題は、その報道の仕方にある。

 

【スポンサードリンク】
 

 

ベッキーの不倫報道のように、芸能レポーターが正義ヅラして執拗に謝罪を迫るなど、余計なことだ。

何の権限があって、芸能レポーターが、芸能人に謝罪を求めるのだ?

不倫報道など、事実をサラッと報道すれば、それでよい。

コメンテーターの余計なコメントなどいらない。

だから、今回の上原の不倫にしても、事実を伝えるだけでいいのだ。自殺した夫の遺書を公開して、自殺の原因が上原の浮気にあったことを報じれば、それでいいのだ。

余計なコメントなどいらない。事実をありのままに伝えるだけだ。

それすらできないで、有力事務所と癒着して、その所属タレントの不倫は報じない一方、弱小事務所の所属タレントには、リンチまがいの公開処刑を加えるなど、最近のテレビはおかしい。

 

これでは、テレビ局が、自分で自分の首を絞めているようなものだ。

最近、テレビ業界は苦戦している。理由は、やはり、ネットの台頭にある。

特に、フジテレビが苦戦していると言うが。

であるならば、フジテレビが率先して、芸能界のタブーを破るような形で、上原の不倫を大々的に扱ってはどうか?

上原の不倫ネタのみならず、芸能界のタブーに果敢に踏み込んでみてはどうか?

そうすれば、きっと、フジテレビの視聴率は上がると思うぞ。

フジテレビの起死回生策は、こういうところにあると、私は思うがなあ。