キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

7か月ぶりのブログ更新と、更新を休んでいた理由

いつもキバスタを見てくれていた人は、お久しぶりです。

そうでない人は、始めまして。

 

キバスタの最後の更新が昨年の9月だから、もうかれこれ7カ月が経過しようとしている。

久々の更新だ。

7カ月もブログをほったらかしにしておいて、一体、何をしていたかというと。

特に何もしていなかったわけで。

では、なぜ、ブログの更新をしていなかったかというと。

 

本業の株式投資でかなり稼いでしまったからだ。

北朝鮮のミサイル発射で日本列島が緊張状態に陥ったのは、昨年の夏だ。

当然、株式市場も、北朝鮮のミサイル発射のたびに売られることになった。

ただ、地政学リスクは買いのチャンスだと、私は見ていたので、北朝鮮がミサイルを発射して株式市場が下落するたびに、少しずつ株を買い集めていた。

 

北朝鮮のミサイルリスクと投資戦略については、以前、私が書いた以下のブログを参照。

緊張を増す米朝関係と株式投資戦略 - キバスタ

  

少しずつ買い集めた株であったが、それが、秋には大量になった。

折しも、総選挙で自民党が圧勝すると、そこから外国人投資家の大量の買いが入り、日経平均は急上昇。

この急上昇の過程で、12月後半から年末にかけて、高値を狙って持ち株を少しずつ売却していき、年末にはすべて現金に変えた。

ただ、正月休みで日本の株式市場が休場の間、日本以外の各国の株式市場が好調だったため、日本市場も正月明けに急騰した。

その急騰前に、持ち株を全て売却してしまったのは少々惜しい気もするが。

その後、2月に入って米国市場が急落すると、日本の株式市場もつられて急落。

正月明けの急騰には乗れなかったけれど、そのおかげで2月以降の急落にも巻き込まれずに済んだ。

まあ、結果的には、昨年末に持ち株を全て売却して良かったということか。

かくして、昨年の株式投資は、大成功のボロ儲け。

 

人は大金を手にすると、勤労意欲が湧かない。

いや、30代前半に引退して以来、ずっと働いていないのだから、私にはそもそも勤労意欲など全くないのだが。

ブログを更新するのすら、面倒くさくなって、止めてしまった。

これが、私がしばらくブログを更新するのを休んでいた理由なのだ。

 

【スポンサードリンク】
 

 

それに、今年の冬は寒かった。

観測史上最も寒い冬だと言われていたほどで、各地で観測史上の最低気温を記録したのは記憶に新しい。

幸運にも私は働いていないため、寒い日に外出する必要はないが。

平日の寒い朝など、起き抜けのボーっとする頭で窓の外を見ると、セーラー服にヘルメットをかぶり、自転車で学校に向かう中学生の姿が見える。

また、コートの襟を立てて、前かがみになって速足で駅に向かうサラリーマンたちの姿も見える。

みんな大変だなあ。

こんな寒い朝に。

こんなに寒いと、何もする気がしない。ブログの更新すらも。

 

学校に行くのは、まあ、仕方がない。義務教育期間中はね。

しかし、給料もなかなか上がらない中で、なぜに、人々は、一生懸命に会社に通うのか?

人手不足の中、今は、多少景気がいいが、公務員以外のサラリーマンには常に雇用不安が付きまとっているし、将来もらえるかどうか分からない年金の掛け金は、有無を言わせずに給料から天引きされているし。

 

給料は上がらない。雇用不安は常にある。将来、年金がもらえるかどうか分からない。

こんな状況で、将来不安が全くないサラリーマンがいるんだろうか?

私ならば、絶対に副収入の道を考えるがなあ。

ブログをやってアフィリエイトで稼ぐのもいいのだが。しかし、サラリーマンをやりながら、本格的にアフィリエイトで稼ぐのは難しいんじゃないだろうか?

 

私が、今、サラリーマンならば、株式投資を始めるけどなあ。

お金がお金を生みだす。

簡単に言えば、これが投資なのだ。

会社で働いて、家に帰ってブログを書いて。1日は24時間しかないのだから、これは大変だし。効率的な稼ぎ方とは言えない。

投資の場合は、会社で働いたり、休んでいる間にも、利益を生み出す。

何もしなくても、お金が増える。効率的な稼ぎ方だと言える。

もちろん、損をすることもある。損をしたときには、早めに損切することだ。

投資で重要なことは、何をおいても損切にある。

 

最近は、若い人たちが株式投資に目を向け始めているという。

これは、まことに喜ばしい。現在だけではなく、将来的に、自分の生活を防衛するためにも、多くの人が投資に目を向けるようになるのは、必然の流れだろう。

 

ブログの方は、再び、ボチボチと更新していく予定。