キバスタ

言いたいことを言い、わがままに生きてきたキバショーのスタイルとは?

MENU

財務省次官のセクハラから女性記者を守らなかったテレビ朝日はクソ会社だ

財務省のセクハラ次官が辞任した。

その記者会見が行われたのが夕方であった。

ところが、その日の真夜中、午前0時になって、急遽、テレビ朝日が記者会見を開き、財務省次官のセクハラ被害を受けたのは自社の財務省担当女性記者だということを明らかにした。

 

私は、翌朝のニュースで、この事実を知り、やっぱり、テレビ朝日はクソ会社だ、と改めて思った。

なぜならば、テレビ朝日は、女性記者を守らなかったからだ。

 

テレビ朝日の財務省担当女性記者が、セクハラ次官から会食に誘われるようになったのは、1年半ほど前からのことらしい。

その後、何度か、1対1の会食を行っているうちに、次官の口から何度もセクハラ発言が飛び出すようになった。

身の危険を感じた女性記者は、次官との会話を録音した。

そして、さらに、会社の上司にセクハラの被害を訴えたのであるが。

しかし、女性記者の上司は、「二次被害を生じる恐れがある」として、女性記者がセクハラ被害を訴えても、それを報道することもなかったし、会社として財務省に抗議することもなかった。

いたたまれなくなった女性記者は、次官との会食を録音したテープを週刊誌に持ち込んで、今回セクハラ報道につながったということなのだが。

 

私は、このニュースを聞いて、唖然とした。愕然とした。開いた口が塞がらなかった。

 

女性記者の上司は「二次被害を生じる恐れがある」と言って、報道しなかったと言うが、それは、嘘だと思う。

おそらく、財務省次官のセクハラを報道して、財務省の機嫌を損ねることで、財務省との関係が悪化することを恐れていたのではないかと、思うのだ。

だから、女性からのセクハラ被害を報道しないための、正当な理由として、さも女性の立場に立っているかのように、「二次被害を生じさせないため」報道しないと装ったに違いない。

 

つまり、テレビ朝日は、当初、女性記者のセクハラ被害を社内で握りつぶしてしまったのだ。

あたかも女性のためを思って、報道も、抗議もしないのだと、まことしやかな理由をつけて。

こんな会社腐っていると思わないか?

テレビ朝日は、クソ会社だと思わないか?

二次被害に遭わないように女性記者のプライバシーに配慮した報道の仕方があるし、抗議の仕方もある。

そもそも、テレビ朝日は、マスコミだろ?

本来、マスコミは、権力に対する批判精神を持たなければ、マスコミではない。

権力におもねり、権力にすり寄り、権力の鼻息をうかがうようなものは、マスコミではない。

そんなものは、マスゴミでしかない。

 

【スポンサードリンク】
 

 

テレビ朝日が女性記者を守り、マスコミ本来の機能を発揮し、財務省のセクハラ次官を糾弾する機会は、何度もあった。

まず最初は、女性記者が上司にセクハラ被害を報告した時点だ。

この時点で、テレビ朝日が、もし、このセクハラ発言を報じていれば、世間は拍手喝さいを送っただろうし、女性記者も救われただろうと思うのだ。

財務省のキモいセクハラ次官から、執拗に、会食に誘われるたびに、セクハラ発言を繰り返された女性記者の溜飲も下がったはずだ。

しかし、テレビ朝日は、この時点で、報道もしなければ、抗議もしていない。女性記者の訴えを社内で握りつぶしてしまったのだ。

 

次にテレビ朝日が事実を明らかにするチャンスは、週刊誌にセクハラ報道が出た時だ。ここで、間髪を入れずに、テレビ朝日が事実を公表していれば、次官に対して相当なプレッシャーをかけることができたはずだ。

 

その次のチャンスは、セクハラ次官が、週刊誌報道を全面的に否認して、週刊誌を名誉棄損で提訴すると発言した時だ。

この時に、テレビ朝日が事実を公表していれば、次官を追い込むことができたはずだ。

 

しかし、テレビ朝日は、この間、何事もなかったように事態を静観していただけ。週刊新潮とセクハラ次官との全面対決を他人事のように見ていただけ。

その後、録音音声が出てきて、さらに、財務省の「被害女性は名乗り出ろ」という恫喝まがいの要請に、与野党の政治家を問わず、国民からも厳しい批判の声が寄せられるようになり、セクハラ次官も進退に窮してしまい、辞任せざるを得なくなった。

 

この段階にきて、ようやく、テレビ朝日は、セクハラ発言の被害者は自社の女性記者であることを明らかにした。

しかも、テレビ朝日の記者会見が、夜中の0時という、普通なら記者会見が行われるはずのない、非常識な時間に行われたのも、テレビ朝日が、相当焦っていた証拠である。

セクハラ次官は辞任したものの、相変わらず、週刊誌を名誉棄損で訴えると言っているし、法廷で録音音声が流れれば、おそらく、ある程度、女性記者の身元の推測がつくだろう。

その時点で、女性記者の身元が割れれば、困るのは、テレビ朝日自身なのだ。

 

つまり、週刊誌で財務省次官のセクハラ発言が報じられてから追い詰められていたのは、セクハラ次官本人だけではない。

女性記者からセクハラの被害を訴えられたにもかかわらず、握りつぶしてしまって、報道もしなければ、財務省に抗議もしなかった、いわば、何もしなかったテレビ朝日自身なのだ。

権力に遠慮をして、女性記者の訴えを無視したテレビ朝日自身なのだ。

 

日本には、権力を批判する真のマスコミはいない、と私は思っている。

それゆえ、ウォーターゲート事件のようなことは日本では絶対に起こらないと言われている。

なぜならば、日本には権力に対して批判精神をもって対峙する本当の意味でのマスコミが存在しないからだ。

日本に存在するのは、権力と癒着して、権力とズブズブの関係にあるマスコミか、訳の分からんイデオロギーに固執して、虚偽の報道をするマスコミだけである。

 

【スポンサードリンク】
 

 

後者の代表は、朝日新聞であろう。

従軍慰安婦報道に見られるように、ありもしない事実をでっち上げ、虚偽の報道を何十年にも渡って行ってきた結果、日韓関係はどうなった?

在韓日本大使館の前には、従軍慰安婦の像が建立されているし、ロサンゼルスを始め、世界中の至る所で、同じような像が建立されている。

それにもかかわらず、虚偽報道で地に落ちた日本の立場を回復する努力を、朝日新聞はいまだに全くしていない。

 

一方、前者の例としては、有名な話がある。

立花隆という高名な評論家がいる。

若き立花が、世に出るきっかけとなったのが、文芸春秋に発表した「田中角栄の金脈銀脈」という記事であった。

これは、田中角栄が二束三文の河川敷の土地をあらかじめ関連会社に購入させ、その後に、この土地に公共事業を持ってくるなどして、土地を高値で売り払い、膨大な利益を上げたことを追求した力作なのだが。

当時、立花のこの記事を読んだ大手マスコミの記者たちは、みな、「なんだこんなこと、我々も知っている常識じゃないか」と口にしたという。

ならば、なぜ、大手マスコミ記者たちは、自分たちが知っている常識を記事にしなかったのか? 書かなかったのか?

結局、権力と癒着して、ズブズブの関係にあるから、権力批判が書けないのだ。

日本にあるのは、もはや、マスコミではない。

マスゴミだ。

 

テレビ朝日の会見は、遅きに失した。

会見で、テレビ朝日の報道局長は、女性記者を全面的に守る、などと言っていたが。

今さら、何を言っているんだ、白々しい。

 

最後に、セクハラ次官から被害を受けた女性記者に対して一言。

テレビ朝日のようなクソ会社なんて、即刻、辞めたらいかがですか?

セクハラ被害の訴えを、最初は握りつぶしたような会社に、いつまでも、いる必要はないんじゃないですか?

テレビ朝日なんて辞めて、あなたには、ぜひとも政界で活躍していただきたい。

財務省担当の記者ということだから、おそらく、政治経済分野には強いはず。政治経済には一家言あるはずだ。

そのような素養の人が、セクハラ被害者ということで、セクハラ撲滅と女性の地位向上のために政界に転出すれば、セクハラ撲滅以外でもいろいろな分野で大きく活躍できるはずだ。

不倫報道で薄汚れた山尾志桜里なんかよりは、政界で活躍できると思うけどなあ。